涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

中込康太

投稿日:2016年2月25日

工事部の中込康太が、5年間の修行を終えて、父親が経営する山梨県南アルプス市の(株)ナカゴミ建設に入社することになった。

約束とはいえ、5年間の修行に耐えた社員を手放すのは、誠に残念だ。

大学時代はテニス部で大活躍しただけに、フットワークがよく、スポーツマンらしいすがすがしさをいつも発揮していた。

最近では、「涼温換気」に熟達し、アフターメンテナンスも手際よく、適切にできるようになった。

地鎮祭、上棟、お引き渡しが相次いでいるだけに、「もう1年」と言いたかったが、約束を守ることの方が大事だという社長の考えに従うことにした。

「涼温な家」を山梨県に普及させてみせると力強い言葉を残して去って行く後ろ姿に、「康太、頑張れよ!」と声を掛けた。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年

▲ページの先頭へ