マツミハウジングは東京・神奈川・埼玉で
住み心地のいい家 「涼温な家」を建てています。 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

一生忘れられない思い出

投稿日:2016年4月18日

東京都西多摩郡瑞穂町のY邸の上棟が無事終わった。

現場では、熊本地震でお亡くなりになられた方々のご冥福を祈り、また行方不明者の捜索に全力を尽くされている方々のご苦労を思い、黙祷を捧げて仕事に取り掛かった。


外周の壁を斜め45度に板張りするTIP構法のパネルが貼られていくと、母屋の庭先で眺められていたYさんご一家は嘆声を上げた。

「うわーっ、これは地震に強そうだ!」

「基礎も頑丈に造られていたし、これなら安心だ」


上棟式の挨拶でYさんは、満面の笑顔で言われた。

「まるで、最高の舞台を特等席で丸一日見物させていただいたようで、すっかり感動しました。 木の香りと目に焼き付いたみなさんの働きぶりは、一生忘れられない思い出になりました」。


私も、1時間おきに送られてくるツイッターの写真を見る度に、感動を新たにし続けていた。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年