涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

「改訂版Ⅱ」増刷

投稿日:2015年12月7日

埼玉県朝霞市のK邸の上棟が無事終わった。

すばらしい日和に恵まれて、現場は活気にあふれ、見守るKさんは何度も「すばらしい!」と、感動の声を上げられていた。

こんなご挨拶をいただいた。

「昨日は、うれしいのと寒いのとで、よく眠られなかったです。今年は暖冬のようですが、来年は寒さ知らずの暮らしができると思うと、うれしくてなりません。<「いい家」が欲しい。>と出合えて本当に良かったです」。


「改訂版2」が予想外に早く、増刷することになった。

アマゾンの人気ランクは低いが、全国の本屋さんからの引き合いが活発だとのこと。

発売してから10日も経たないのに、1刷3000冊が出庫された。

三省堂書店の担当者が、

「返本率が、これまでと同様に5%前後だとすると、まもなく在庫切れとなるのは確実です」と、見通しの甘さを謝ってきた。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年

▲ページの先頭へ