マツミハウジングは東京・神奈川・埼玉で
住み心地のいい家 「涼温な家」を建てています。 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

念願の暖かさ

投稿日:2015年12月13日

東京都町田市鶴間のT・F邸のお引き渡しが無事終わった。

72歳になるお母さんが建て替えを決断したのは、<「いい家」が欲しい。>を読んだからだという。嫁いだ娘さんご夫妻にも読んでもらったところ賛成が得られ、とんとん拍子で今日を迎えた。

昨日搬入されたばかりのお母さんがお気に入りのテーブルで、お引き渡しの書類説明が行われた。

お元気な二人のお孫さんたちが暑がると配慮して暖房は止めてあったが、表面温度測定器を当ててみると、床・壁・天井はどの部屋も21.5度前後を表示していた。

外の気温は11度。

「こんな暖かさが得られるなんて、本当に夢のようです。北側の部屋も、浴室も、トイレも温度差がないんですね。私は、極端な冷え症なものですから、暖かいことがなによりうれしいです。念願が叶いました」

お母さんの喜ぶ顔を見て、娘さんご夫妻も満足そうに頷かれていた。


午後からは横浜体感ハウスで勉強会が行われた。

30代と思しき方ばかりが、とても熱心に聞いてくださった。みなさんのあまりの真剣なまなざしに、久しぶりに緊張させられた。

どうか、無事「いい家」にたどり着いて欲しいと願いつつ、「知られては困る家づくりの真実」について語った。

次回の横浜での勉強会は、来年1月17日となっている。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年