マツミハウジングは東京・神奈川・埼玉で
住み心地のいい家 「涼温な家」を建てています。 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

家に何を求めるのか?

投稿日:2015年11月3日

私は、勉強会で真っ先にお客様に「家に何を求めますか?」と質問するときがある。

住み心地と決めるならば、構造は木造軸組を、断熱は「外断熱」を、換気と冷暖房は「涼温換気」を選ぶのがいちばんいい。


「涼温換気」は、構造の一部だからプランニングの最初の段階で十分検討する。大手ハウスメーカーの全館空調や個別のものは設備である。


ということは、「涼温な家」では、プランニングの段階で住み心地を検討しているということだ。これなら住み心地を保証できるというプランを提案するには、まず機械換気の最大の問題である維持・管理が容易にできるように配置が検討されていなければならない。センターダクトの位置、給排気口の位置はそこから導き出される。

設計士は、工事部の意見を求めた上で、社長のチェックを受け、最終的に私の判断を求めることになっている。

私は、60坪ぐらいの広さの家までなら、数分で住み心地と施工の問題点を判断できる。お客様のご要望にこだわりが多く高度な場合は、数時間かかる場合もある。住み心地のイメージが描きづらい場合は、何度でも変更を検討させる。

この作業は、実に楽しい。「こうすればもっとよくなる」という思いは尽きないからだ。


しかし最近では、設計力、施工力がともにすばらしく向上し、私が意見をさしはさむ機会が激減してしまった。

「いいね。いいね」の連続なのだ。

完成した家に入った瞬間、それらの「いいね。いいね」を実感することほどうれしいことはない。


寒さが気になる季節になってきた。

寒いと思ったら、「涼温換気」のスイッチを押す。それだけで30分もすれば、ほのかな暖かさに全身がやさしく包まれる。お客様もきっと「いいね。いいね」と言ってくださっていることだろう。


明日は、「いい家」をつくる会の今年最後のセミナーが開かれる。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年