マツミハウジングは東京・神奈川・埼玉で
住み心地のいい家 「涼温な家」を建てています。 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

ご縁の力

投稿日:2015年11月28日

ご契約が終わって、お茶を飲みながらIさんの奥さんが話された。


私は、主人から義母の家を建て替えて一緒に住むと聞かされてから、家づくりについて猛勉強を始めました。

勉強すればするほど迷いが深まり、そんなとき「『いい家』が欲しい。」と出合ったのです。目からうろこの思いで、一行一行を丹念に読みました。

そして、著者が薦める「涼温な家」を主人に話したところ、主人も賛成してくれて母に説明するように言われました。

そこで、本を持参して訪ねたところ、その本なら私も持っているよと母が取り出したのが、なんと1999年発行の初版本だったのです。


10歳は若く見える81歳になるというお母さんが、後をついで話された。

「当時、もうそろそろ建て替え時だと思い、いろいろと考えていましてね。新聞の広告で知って、本を読みました。その後、ガンになってしまい、建て替えのことは諦めたのですが、奇跡的にすっかり元気を回復することができました。

今年に入って、建て替えて一緒に住もうという話を息子が提案してくれて、どんな家にするかは嫁さんとよく相談して欲しいとのことでした。

嫁から本を見せられたとき、「これはご縁だと思いました。迷うことなく賛成です。

お母さんは、隣に座っていた小学生の孫娘に慈愛のまなざしを向けながらうれしそうに話された。


お母さんが本を読んでから15年後に、息子さんのお嫁さんが「新・改訂版第10刷」を読んで「涼温な家」に決めてくださった。私は、感慨深かった。これはきっと、今は亡きお父さんが与えてくださったご縁なのだと思った。


まもなく、新・改訂版「『いい家』が欲しい。」は、第11刷が発売となる。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年