マツミハウジングは東京・神奈川・埼玉で
住み心地のいい家 「涼温な家」を建てています。 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

娘と孫に喜ばれる家

投稿日:2015年8月9日

今年の5月に「ソーラーサーキットの家」を「涼温な家」にリフォームされた、大和市つきみ野のHさんに住み心地を伺った。

電話に出られたご主人が、「実に快適ですよ。リフォームして大成功です」と喜ばれた。代わった奥さんが弾むような声で、

「思い切って、リフォームして本当に良かったです。この暑いのに食欲は旺盛ですし、夜は爆睡ですよ」と、快活に笑われた。

さらに続けて、

「家中がこんな気持ち良くなるなんて、想像以上でした。昨日の松井さんのブログにもソーラーサーキットを涼温な家にリフォームされた感想が寄せられていましたけど、毎日、主人とリフォームしてよかったねと話しているんですよ。


先日、美容院へ行ったのですが、椅子に長い時間座っていますでしょ、そうするとエアコンの冷気が突き刺さるように感じて、そうだ、以前の家で感じた寒さだ、これは体に良くないとつくづく思いました。

我が家の涼しさは、何て表現したらいいかしら。フワッーとしたやさしい涼しさに包まれている感じです。


知り合いの家に遊びに行くと、この家の空気の気持ち良さがはっきりわかります。わが家にはいやな生活臭がありません。玄関を入った瞬間に感じる空気の気持ち良さに、毎日感動しています」。


ほぼ同時期に、「涼温な家」にリフォームされた横浜市港北区のIさんにも「住み心地」をお伺いした。

ご主人が出られて、開口一番に「快適です!リフォームしてよかったですよ」ととても嬉しそうにおっしゃられた。奥さんは、買い物に出かけられていた。

「家中、どこへ行っても涼しいって、本当に素晴らしいことです。除湿効果もいいですね。 娘が初孫を生んで帰省していますが、赤ちゃんにもいいようですよ。

あれだけリフォームをためらっていた女房も、いまでは、やって良かったと喜んでいます。 娘と孫に喜ばれる家になったことが何よりです」。


今日の横浜勉強会で、4組の方からプラン依頼をいただいた。

明日から16日まで夏休み。

                      久保田紀子

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年