涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

本物の条件

投稿日:2015年8月25日

(昨日、東京都世田谷区奥沢で無事O邸を上棟した。二つの台風の影響を受けないように大空に向かって祈った。棟梁は写真の西村広行さん親子)


2013年7月1日のブログは、こんな書き出しだった。

「いったん契約を延期された東京都町田市のSaさんからご契約をいただいた。

Saさんは、「いい家三部作」を読まれ勉強会に参加し、ぜひとも「涼温換気の家」に住みたいと願われた。

ところが、契約間近になって息子さんと娘さんから、インターネットで「マツミハウジングの評判」というところを読んだらいろいろと悪口が書いてあった。いったん話を中止してよく考え直す必要があるとアドバイスを受けられたそうだ」。

http://www.matsumi.com/blog_794.html#ArticleBox

今日、社員が立ち寄ったところSaさんがとても喜ばれていたと報告してきた。

息子さんと思い切って建てて良かったと話し合われているそうだ。

83歳になられるお母さんは、息子さんたちの理解に感謝し、息子さんたちはお母さんの決断力を尊敬しているとのこと。

そして何よりも、「涼温な家」を自信をもって薦めてくれた私に感謝してくださっていると、社員もうれしそうだった。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年

▲ページの先頭へ