涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

「若さ」の秘訣

投稿日:2015年7月2日

半月ほど前に、「スマート・ワンダー・コア」という運動器具を購入した。

腹筋運動を手助けしてくれるので、テレビを見ながらでもやっていると腹回りが引き締まり、健康増進に役立つに違いないと思い立ったのであった。

実際に使ってみると、確かに楽に腹筋運動ができる。それを見た女房が、明らかに先行きを見通しているかのように、「三日坊主にならないようにね」と笑っていた。案の定、一週間後には、こういった運動器具にありがちのようだが、部屋のオブジェになった。


先日、現場周りをしているときに久保田さんが撮った写真を見てショックを受けた。腹回りがたるんでいて、姿勢も悪い。

その夜、部屋の片隅に片づけられていた「スマート・ワンダー・コア」を取り出したのは言うまでもない。


昨日の日経夕刊に「『若さ」の秘訣 姿勢にあり」という記事が載った。

姿勢が良くなると、さっそうとした前向きな印象を与え、実年齢以上にいきいきと見える。目線や発声も良くなり、この人になら仕事を任せられそうとビジネスの扉も早く開くという。


私は勉強会で、「ロコモティブシンドローム」にならないように、それには「涼温な家」のような空気が気持ちよくて、どこでも気軽に動ける、快適に差のない家を造ることが大事だと話している。

しかし、当の本人の姿勢が悪くては説得力もなくなる。


今日も現場まわりをしたが、腹をへこませ、さっそうと歩いてみた。

効果はてきめんで、その姿を見た西村棟梁が真顔で聞いた。

「会長、若返られたようですね。何か特別なドリンク剤でも飲んでいるのですか?」と。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年

▲ページの先頭へ