マツミハウジングは東京・神奈川・埼玉で
住み心地のいい家 「涼温な家」を建てています。 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

上棟の影のヒーロー

投稿日:2015年7月13日

現場の温度計は35度を超えたが、多摩川の川面を撫でてくる風と、隣に住むご両親の心を込めた差し入れに元気づけられて、横浜市都筑区のK邸の上棟が無事終わった。

鳶職人・大工さんたちだけでなく、クレーンのオペレーター、資材を運搬するトラックの運転手、そしてガードマン、みんなが力を合わせての成果である。

とくに、資材を約束どおり搬入してくれる運転手さんたちの働きには、いつも心から感謝している。

上棟の影のヒーローだ。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年