涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

テスラロードスター

投稿日:2015年6月2日

「この車はレンタカーとしては日本に1台しかありません」と言われた瞬間、ぜひとも乗ってみたいと思った。

予定があるので時間借りするわけにはいかず、かといって諦めたくない。私の思いを察した店員さんが、ここの駐車場は広いですから一回り試乗してかまいませんよ」と言ってくれた。

喜び勇んで運転席に座った。スポーツカーなので座席のポジションが特別に低い。

重いハンドルを回した瞬間、「テスラ」が放つオーラに刺激され、汗とアドレナリンが噴出した。加速能力は、100キロに達するのにわずか3秒とかからないと説明されたが、残念ながら試すわけにはいかなかった。

異彩を放つ車を見ると、どうにも胸が高鳴ってしまう。

最新型のテスラに乗ってみたいものだ。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年

▲ページの先頭へ