マツミハウジングは東京・神奈川・埼玉で
住み心地のいい家 「涼温な家」を建てています。 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

進化する勇気

投稿日:2015年6月7日

今日の勉強会には、愛知、滋賀、岐阜、京都からもお客様がいらした。

愛知から来られた中年の女性が言われた。

「本を四冊とも読んで、『涼温な家』にたどり着くまでのご苦労がよく分かりました。もっと住み心地の良い家にしたいというそれぞれの著者の願いがあったからこそと、本当に感謝したくなりました。さらにいい家を求めて進化し続けることは大変勇気がいることだと思います」。


そう言われてみると、たしかに勇気が必要だった。お客様と談笑している最中に、進化を嫌って「いい家」をつくる会から離脱した人たちの顔が思い浮かんだ。

明日は、今年第2回目のセミナーが開かれる。

みんな、どんな表情を見せてくれるか楽しみである。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年