涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

大阪・美和工務店の勉強会

投稿日:2015年6月21日

大阪・美和工務店の勉強会に招かれた。

場所は、今年2月に完成した40坪ほどの社員さんの「涼温な家」である。10組のお客様を予定していたところ倍以上の申し込みをいただき、お断りするのが大変だったと、社長の近藤さんは実に残念そうに言われた。


息子さんと参加された75歳になるというお客様は、「ソーラーサーキットの家」を建てた経緯を話してくださった。

「大手ハウスメーカーの住宅展示場で、外断熱にしたいと言ったら松井さんの本を紹介されたのですよ。さっそく読んで、これだと納得しました。当時、松井さんはちょうどセンターダクト方式に進化したばかりだったのですが、私は前から70歳には建て替えると決めていたので、本で納得した『ソーラーサーキットの家』を建てました。

ですが、今度は息子が家を建てるというので、それならぜひ『涼温な家』をと思い、一家でやってきました。

松井さんの話は、以前よりもだいぶ柔らかくなりましたが、相変わらず説得力がありますね」と、懐かしそうに言われた。


今日の大阪は暑く、家の中の温度上昇が心配されたが、「涼温換気」はすこぶる快適で、みなさんが大変満足されていた。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年

▲ページの先頭へ