涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

感激の地鎮祭

投稿日:2015年4月5日

3月4日にご紹介したS邸の地鎮祭が昨日執り行われた。

14年前にお引き渡しをしたご長男の家のすぐ前である。

通常の順は、親が建て、その後に子が建てる。

Sさんの場合は、逆になった。


息子さんがマツミの家を選ばれたのは、Sさんが発売されたばかりの拙著「『いい家』が欲しい。」を読んで、強力に薦めてくださったからである。

その後13年間、息子さんご一家の暮らしを見守り続けられて、さらに進化を遂げた「涼温な家」を終の棲家にすると決断された。

私は、創業以来43年間、ひたすら「いい家」を造りたいという一念でやって来た努力を、Sさんに認めてもらえた喜びをかみしめていた。

精一杯、ご信頼にお応えしたい。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年

▲ページの先頭へ