涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

キャッチコピー

投稿日:2016年8月8日

「涼温な家」の涼しさは、申し分ない。

家中どこにいても、ルームエアコンの冷風ではなく、高原の涼やかさに感動する。

一人でも多くの方に、この涼しさを体感していただきたい。


願いを実現するために、できるだけ費用を掛けないでPRをできないものだろうか。

たまたま電通から、格安のスペースの提案があったので新聞広告を打つことにした。

となるとキャッチコピーが欲しい。

コピーライターの提案は、

「あなたの家は、冷暖房ですか?

であるとしたら、家づくりが間違っているのです。」というものだった。


それは言い過ぎではないか、と社員から反対意見が出たが、「涼温換気」は設備ではなく、家づくりそのものだという意見が勝った。

私の提案は、「ルームエアコンは要らない。部屋だけから『家中快適』の時代へ」である。訴求するものは同じだか、インパクトが弱いと採用されなかった。


社員からも、数多くの提案があった。


「ただいま!」 喜びがこだまする「涼温な家」


「涼温な家」に必要がないものは、ルームエアコンと窓開け換気。


「涼温な家」 それは家族への愛


健康寿命を10年のばす涼温な家


孫たちに いつか言われる 「ありがとう!」

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年

▲ページの先頭へ