涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

地元での評判

投稿日:2014年12月22日

(お客様から要請があった場合、1時間以内に訪問できるよう現場の位置情報を社員全員がスマホで共有している。連絡をいただいて5分以内に訪問し、お客様から「救急車より早い」と驚かれたことがある)


今年最後の地鎮祭は、小平事務所から徒歩15分ほどの花小金井南町のN邸だった。

Nさんは3年ほど前に「『いい家』が欲しい。」を読んだのだが、その前から地元で評判が高いマツミハウジングに頼もうと決めていたそうだ。

近くに建つマツミの家と大手ハウスメーカーの家とを比較して、ますますその確信を深めたという。

N邸から徒歩5分以内に、マツミの家は10軒ほど建てられている。10分以内だと20軒にもなる。ちなみに、事務所から徒歩30分以内には、200軒以上が建てられている。

実にありがたいことだ。

この実績にあぐらをかくことなく、これからも誠心誠意を尽くして、住み心地の良い家を造っていきたい。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年

▲ページの先頭へ