涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

小泉武夫さんに学ぶ

投稿日:2014年9月13日

過日の日経新聞夕刊、小泉武夫さんの「食あれば楽あり」に目が留まった。

「トマトうどんカレー うま味と甘み 食欲増進」

読んでみれば作り方は極めて簡単そうで、材料も豚肉、トマト、ニンニク、牛乳に市販のカレールーとうどんとあり、冷蔵庫を覗いたら、すべての材料が偶然にも揃っていた。普段から台所に立つことの多い私だが、わざわざ料理本を見てまで作ることはしない。

しかし、小泉さん紹介の料理は、一度、記事に目を通せば作業手順も覚えるほど簡単だった。それに、いつもながら文章が魅力的だ。

「よし、作ってみよう!」と、思わず乗せられてしまった。


切った豚肉と叩いてつぶしたニンニクを油で炒め、そこへざくざくと切ったトマトを放り込み、火が通ったら牛乳とカレールーを加えるだけ。

小泉さんはうどんも入れて煮込んでしまえと書いていたが、うどんは別に温めてどんぶりへ。そこに出来立ての熱々のトマトカレーをかけた。


うどんにトロトロとカレーが絡んでいくのを見ているだけでも、空腹感が増した。

ふーふーと冷ましながら口に運ぶと、お会いしたこともない小泉さんが急に親しく感じられた。

こんな調子で、私も「涼温な家」をお客様にお勧めできるといいのだがと思いつつ、二杯目を味わった。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年

▲ページの先頭へ