涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

快適さは10倍

投稿日:2014年7月24日

「涼温な家」の住み心地が高く評価されている。

猛暑日の今日、喜びの声が多数聞かれた。東京都世田谷区に住むHさんの感想である。

「こんな日は、前の家ではエアコンをつけたところで、その部屋しか涼しくならず、廊下に出れば暑い、トイレに入れば汗が出る、寝室ではエアコンのリモコンを夫婦で奪い合い、毎日寝不足で体調が悪かったものでした。

『涼温な家』では、そのようなことが全くありません。ご近所は、玄関ドアも全開にして、網戸のスクリーンをしている家がありますが、私の家も昨年までは同じでした。

思い切って建て替えて本当に良かったです。『いい家三部作』を読んで、私を強引に勉強会に誘った妻に感謝しています」。


同じ世田谷区に住むSさんから喜びの電話をいただいた。

「とにかく体が楽です。食欲が落ちないので夏バテとは縁遠くなった感じがします。換気のフィルターの汚れ具合を見るたびに、この家にしてよかったと思っています。窓を閉じて、1台のエアコンを家全体に効果があるように使える『涼温換気』というシステムは、すばらしいアイディアです。7月分の電気量が前の家と比べて30%近くも少なくなって、快適さは10倍です。先ほど、すごい雷雨になったのですが、この家のさわやかさは何も影響を受けませんでした」。


明日は、もっと暑くなるという。ぜひ体感にお越しいただきたい。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年

▲ページの先頭へ