マツミハウジングは東京・神奈川・埼玉で
住み心地のいい家 「涼温な家」を建てています。 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

エアコンがないのにどうしてこんなに快適になるの?

投稿日:2014年7月27日

今日も35度を上回る猛暑だった。勉強会の最中に、一転にわかに掻き曇り外気温が10度以上急速に下がるや否やすごい雷鳴が響き渡り、大粒の雨に襲われた。

しかし、勉強会が開かれていた地下室の温度も湿度もまるで影響されず、12人がいて始まった時の温度が25度・湿度55%、2時間後26度58%とほとんど変化がなかった。


勉強会が終わって、個別相談をされた若い女性のお客様が、「先ほどのような時のわが家は、まずカビの臭いに襲われます。つぎにモワーッとした湿気です。雨音もすごいです。私は、喘息の気があるので、そんな状況になると不安になります。でも、この家にいると、呼吸がとても楽で安心できます」と言われた。

「一緒に住む予定の母親も、さぞかし喜ぶことでしょう」ということで、プラン依頼をいただいた。


体感ハウスへ行かれたお客様4組の内2組の方からプラン依頼をいただいた。みなさんが「涼温な家」の快適さに驚かれていた。「部屋の中にエアコンがないのにどうしてこんなに快適になるのでしょうか?」と、盛んに首をひねられていた方は、冬の暖かさを確認してからお願いしたいと言われて帰っていかれたそうだ。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年