マツミハウジングは東京・神奈川・埼玉で
住み心地のいい家 「涼温な家」を建てています。 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

梅雨を感じない家

投稿日:2014年6月8日

「梅雨時にも湿気を感じない家があるのですね。『センターダクト換気』って、すごい働きをするものだと感心させられました。私の家もそうですが、ご近所さんはほとんど窓を開けて暮らしています。でも考えてみれば、勉強会で教えられたとおりで、入ってくるのは100%に近い湿気ですよね。押入れの中に乾燥剤をいくら入れておいても何にもならないわけです。除湿機を常に運転していますが、そうしないことにはジメジメベタベタでどうにもなりません」。

勉強会の後で体感された60代のご夫妻の嘆きである。


今日もエアコンは一切使わないで、東京体感ハウスの内部は昨日のデータとほぼ同じ状態だった。この爽やかさは、第一種全熱交換型換気の効果だけでは説明できない。理屈抜きに、とにかく、「涼温な家」には梅雨がないのだ。曽野綾子さんから、「風情がない家ね」と批判のお声が聞こえてきそうだが、それは散歩で味わうしかない。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年