涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

「涼温な家」って?

投稿日:2016年7月2日

横浜店で契約が行われた。

N様夫妻に契約に至った話を伺った。


築30年ほどの家の建て替えを考えて、住宅展示場を巡っていました。

そんな時に、新聞下段の『涼温な家』という広告が目に留まったのです。

『涼温な家』って、どんな家なのだろう?「家中涼しく、暖かく、空気が気持ちいい!」そんな家があるのかね?という思いで本を読みましたが、読んだ後は『これだ!』と決心していました。

勉強会に参加してから2年間、構造や完成見学会に何度も足を運びました。

熊本地震で、父が、『家を建て替えるなら、早く実行した方がいい』と言い出してくれたので、今日の日を迎えることができました。

我が家には、16歳になる『ナナ』という犬がいます。家族に数々の幸せをもたらしてくれた犬です。

ナナに「涼温な家」で一緒に暮らそうね。そしたら、もっと長生きできるよ。と言い聞かせています。

91歳になった父のための部屋も用意しました。父も、ナナちゃんもともに元気になる家を一日も早く造ってください。楽しみにしています。


午後は、品川区のS邸のお引き渡しがあった。

表の暑さも、道路向かいから聞こえる電車の音、体育館からの剣道部の気合声もシャットアウトして別世界の快適さだった。

「涼しいですね」と感嘆すると、先に来られていたSさんが、なにせ「涼温な家」ですからねと満足そうに笑われた。


このところの本格的な暑さで、問い合わせや、体感依頼が増えている。

「涼温な家」の涼しさを、ぜひ体感していただきたい。

                      久保田紀子

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年

▲ページの先頭へ