涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

海外出張前日の上棟

投稿日:2014年5月27日

東京都小金井市でK邸の上棟が無事行われた。

Kさんは、明日からアフリカへ出張される。解体時には大雪に見舞われ、地下室のある基礎工事だったが、全力を尽くして今日の上棟を迎えることができた。

近くに仮住まいされているKさんは、たまに見させてもらいますと言われていたが、柱を立て出してからの大工・職人の手際の良さに感動を受け、現場から離れられなくなってしまったという。


最初は、住宅展示場に出展しているメーカーで建てるのが一番手っ取り早くていいのではとKさんは考えていたそうだ。

しかし勉強会に参加され、地下室の空気の良さに驚かれた奥さんとお母さんの意見で、マツミに頼むことを決意された。


「皆様のおかげで、晴れ晴れした気持ちで出張に旅立てます。帰国が楽しみです」。

満面の笑顔で挨拶されたKさんの傍らで、奥さんとお母さんが大きく頷かれ、微笑まれていた。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年

▲ページの先頭へ