涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

春一番の地鎮祭

投稿日:2014年3月18日

横浜市の環境のすばらしい住宅地で、O邸の地鎮祭が無事執り行われた。

ご主人が海外出張中なので奥さんが参加され、会社からは社長と設計担当の三沢が列席した。

春一番で祭壇が飛ばされないように、現場監督の相坂が支えになったとのこと。

神主さんが、「この風のおかげで土地がすっかり清められました」と言ってくださったので、奥さんは安心されたようだと、三沢から報告を受けた。


Oさんが出張から戻られる頃に、「涼温換気」のO邸は完成する予定である。休みの日に、ご夫妻は素晴らしい景観を眺めながら今日を思い出しつつ、「ああ、建替えて良かった」と言ってくださるに違いない。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年

▲ページの先頭へ