涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

増税後のご契約

投稿日:2014年4月13日

消費増税後二人目のご契約をいただいた。

Iさんご夫妻は、「3%増税のためにあわてたりしたくなかったのです。今日の契約は、私たちにとってはとても納得できるものでした」と満足してくださった。

もし5%だったとしたら、どうなさいましたか?

そう尋ねてみたかったが話題を変えた。

平成元年、竹下内閣が3%の消費税を実施した。翌年受注が急減し、大工さんとの縁を切りたくないので自宅を建て替えることにした。その当時が思い出されたからだ。

心配した勉強会には8名の方が出席され、個別相談の対応に忙しかった。プランの打ち合わせが3組、完成見学会に5組と、みなさんが、増税になった分、さらに真剣に「いい家」を求めている様子だった。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年

▲ページの先頭へ