マツミハウジングは東京・神奈川・埼玉で
住み心地のいい家 「涼温な家」を建てています。 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

「気候変動は大量破壊兵器」

投稿日:2014年2月18日

「気候変動は今や世界で最も恐ろしい大量破壊兵器と言える」、アメリカのケリー国務長官がそう警告したと今日の読売新聞が報じていた。

一昨日の大雪が気候変動のせいなのか分からないが、ケリーさんの発言も決してオーバーではないように思った。


今日も工事部の社員たちは、朝から現場の雪かきに追われ、事務所の駐車場の除雪ができないでいた。

道路が太陽熱で暖められているのだから、除雪して積み上げた雪を一時も早く溶かしてしまいたい。

私がスコップを取り上げると、久保田さんが協力し、そこに出かけようとしていた社員が二人加わり、1台分の除雪を終えた時は4人とも息が切れそうだった。

この何倍もの雪かきを、毎日やっている工事部の人たちの努力には頭が下がる。明日は、横浜市のI邸の上棟だ。その後、3日おきに上棟が続く。もう雪は御免蒙りたい。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年