涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

セルローズファイバー断熱材

投稿日:2013年2月4日

立春にふさわしい暖かな陽気の今日、「いい家」をつくる会/山梨県のナカゴミ建設さんにプランを依頼されているMさんが横浜店に来られた。

暖か過ぎて「涼温換気」の体感は叶わなかったが、いろいろと楽しいお話を聞かせていただいた。

のっけから、「私には人生の先生が5人います。スピーカーの先生、カメラの先生、お酒の先生、テニスの先生、そして家の先生、これは松井修三さんなのです」と言われ、思わず身を乗り出してしまった。


Mさんは、TANNOY(タンノイ)のスピーカーを見やって、

「さすがいいものを置いていますね。私はこんないいものは買えないから自分で作るのですよ」と笑われた。

「どうやって作るのですか?」

「シナ合板で箱を作りましてね、その中に1万円ぐらいのスピーカーを仕込むのです。こちらのTANNOYよりずっと安くできますが、音では負けませんよ」

私は箱の中にスピーカーを入れるだけで、なぜそんないい音が出るようになるのかと質問した。

「外側はシナ合板の箱でしかありませんが、内側が違うのです。スピーカーの先生にいただいた設計図に従って仕切りを入れていくのですが、その材料と仕切り方を教えに従いこつこつと手を掛け、思いを込めて仕上げていくのです。すると世界で一つのスピーカーが出来上がるのです」。


次に床下を見て言われた。

「きれいな床下ですね。こんなきれいな床下は初めて見ました。ここは、お酒を寝かせておくのにもってこいの場所ですね」

話は予想外の展開になった。

「古酒はうまいですよ。色が黄色になりますからお燗にして、色も楽しめるように白いお猪口がいいですね」

「えっ!日本酒の色変わりしたものは腐ったと思っていましたが、そうではないのですね」

私が驚くと、Mさんは大きく手を振った。

「いえいえ、とんでもない。酒の先生に教えられて知ったのですが、そこからが旨いのですよ。20年ぐらい寝かせたものなんか最高です」

ここで私はハッと気づいて尋ねた。

「あの、Mさんはii-ie.comの談話室の『日本酒!』というテーマに投稿されていませんか?」

Mさんは、にんまりとして頷かれた。

「私、楽しみに読ませていただいています」

Mさんとは、すでに「談話室」で出会っている仲だったのだ。

私は、特別思いを込めてお茶を入れた。

Mさんはおいしそうに飲み干してからこんな話を聞かせてくれた。


「私の仕事は電気工事業ですから仕事柄、たくさんの家の床下や小屋裏を見てきています。どの家も真っ黒のホコリだらけ。夏は汗まみれになり、冬は冷えて腰を痛めます。相当の覚悟をしても、しんどい仕事場です。

天井で断熱をしている家は、夏は頭を天井裏に入れた途端に汗が噴き出します。グラスウール断熱材の上は埃で真っ黒。あちこちから外からの明かりがもれている。つまり隙間だらけだということです。あれでは暑い、寒いは当たり前です。

以前に床下にもぐった家は驚きました。すごいホコリでしてね。聞いてみたら、古新聞を粉にして吹き付ける・・・・」

「セルローズファイバーですね」

「そう、それですよ。あれは酷かった。もう、耐え難いホコリでしたよ。こんな断熱材をどうして使うのかと腹が立ったのですが、松井さんの本を読んで納得しました。住む人のことを考えたら、とても使えるものではありません。断熱材は松井さんがお勧めの板状のものがシンプルで一番です」。

呼吸器系の弱い私は、話を聞いただけで息苦しさを覚えた。実際に床下や小屋裏で仕事をする機会がある職人さんたちが、いちばん的確に断熱方法の良否を判別できるのではなかろうかと思った。


「私は、なんでも自分でやらないと気が済まない性質ですが、家だけはそうはいきません。松井さんという最良の先生がいらっしゃるのだから、その教えを忠実に実現してくれるナカゴミ建設さんにお願いして、『涼温換気の家』を建ててもらいます。

今日は体感できませんでしたが、久保田さんの話で十分納得できました」。


Mさんは、来た甲斐があったと喜ばれて帰って行かれた。

                      久保田紀子

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年

▲ページの先頭へ