マツミハウジングは東京・神奈川・埼玉で
住み心地のいい家 「涼温な家」を建てています。 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

「涼温換気」の省エネ効果

投稿日:2013年4月2日

昨年12月に「新換気」を「涼温換気」になさった埼玉県和光市のOさんは、毎月、住み心地と電気量についての報告をくださる。

先月も、その両方とも大変満足されていらっしゃるようだ。他のお客様も、Oさんが言われている「涼温換気が、必要な時に、必要とする熱エネルギーを、必要な時間だけ供給出来ること」について、異口同音に喜びを聞かせてくださっている。


<検針期間中(2/25~3/25)の太陽光(4.6kw)発電量は、好天に恵まれたことによりモニターによると616kWhでした。また、余剰電力の売却量も昼間の時間帯にエアコンを必要としないことから488kWhと、過去最大値を記録しました。


今年の3月期の電力使用量は、3月に入って急激に暖かくなったこともありますが、前年の使用量と比べて約半分と、著しい省エネを達成することが出来ました。東電が提供する電気使用量グラフに於いても同じ契約内容の世帯の平均使用量と比較しても半分を少し超えた程度の値です。


涼温換気が、必要な時に、必要とする熱エネルギーを、必要な時間だけ供給出来ることで、3月30日と31日の両日のように冬に逆戻りしたようなお天気になってもクレダの運転と違って柔軟に対応出来るので大変助かります。


涼温換気は、室内環境の改善はもとより、冬場に於いては著しい省エネ効果をもたらすことが実証されました。>

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年