涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

目黒区自由が丘に建つ

投稿日:2013年4月8日

人気の住宅地である目黒区自由が丘で、K邸の上棟が無事行われた。

契約寸前に東日本大震災が発生し、多くの方が犠牲になられた。ご夫妻は大変なショックを受けられ、こんな時に自分たちだけが幸せになるわけにはいかないと建替えを思い止まられた。

しかし、体の弱い奥さんが住み心地の悪さに耐えるのは限界ということで、今日の上棟となった。低気圧が荒れ狂う昨日の天候とは打って変わって穏やかな快晴に恵まれ、鳶職人が打つかけやの音がカーンカーンと青空に響き渡った。

周囲では、積水ハウス、大和ハウス、スウェーデンハウス、一条工務店などが競い合うように新築している。

「毎日散歩して眺めているのですが、マツミハウジングに依頼して本当に正解でした。涼温換気の家に住むのがとても楽しみです」と、ご夫妻は満面に笑みを浮かべて喜んでくださった。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年

▲ページの先頭へ