マツミハウジングは東京・神奈川・埼玉で
住み心地のいい家 「涼温な家」を建てています。 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

センターダクト換気

投稿日:2013年4月11日

世界保健機関(WHO)は、2000年7月に「健康的な室内空気への権利」というレポートを出した。これに応えるべく設立されたハルトン財団は設立の趣旨をこう述べている。


<ハルトン財団は、健康的な生活(=Wellbeing)と屋内環境の品質を向上させるために経済的余裕のない人々を援助すべくに2010年に設立された慈善団体です。ハルトン財団は、屋内環境における人々の福祉を促進する非営利団体に対して、毎年助成金として援助を提供します。また、我々は室内の環境データの共有や研究の支援を通じてより良い屋内空気環境に貢献することを使命としています。ハルトン財団は世界中のいかなるところにおいても活動いたします。


社会における多くの人々は、大半の時間を自宅や職場、学校や乗り物など、室内で過ごしています。それは私たちの人生の90%にも及びます。通常私たちは、呼吸のために新鮮な空気が一日あたり12立方メートルも必要です。そのため、室内の空気質は、人々の健康と安全を守る上での重要な要素となります。身体に危険を及ぼす有害な物質は室内の至る所に存在しており、呼吸器系統の病気、アレルギー反応、そして気道の炎症などのさまざまな疾病の原因となっています。今日、劣悪な室内環境のために毎年160万人もの人々が命を落としており、これは20秒に1人が命を失っていることになります。>


私が常日頃思っていることは、住む人の幸せを心から願うのであれば「換気」を疎かにする家づくりは絶対にしてはならないということである。

この信念に基づいて、1993年、いまから20年前に高気密・高断熱の家づくりと取り組んだときから、「室内空気質Indoor Air Quality/IAQ」と真正面から向き合って、日本工業大学の小竿研究室と共同研究を続けてきた。

そして得た結論と成果が、2008年に開発され、昨日、特許が確定した「センターダクト換気」である。これはまさしく、住む人の健康増進に役立つものと確信している。


最近になって、大手ハウスメーカーも換気の重要さに気付き始めたようだ。

4月11日付の「住宅産業新聞」によると、セキスイハイムが「健康補助」仕様である「ドクターズ・エアモデル」を展開するとのこと。

これは、「医師の確認済み商品」の認定を得ている「快適エアリー」と「空気工房」を標準にし、高性能フィルターと一体型の第一種換気システムで、3層構造のフィルターを組み込んだという。


「健康補助」とは遠慮した表現である。「健康増進」と言うと、何かと差し障りがあるから「補助」にとどめたのだろうが、「医師の確認済み商品」とはいったいなんだろうか?

この二つのコピーから、換気に対するあいまいさ、自信の乏しさが窺われる。

ダクティングとフィルターの維持管理の仕方によっては、「健康補助」はもとより「医師の確認」も何の役にも立たなくなる、という怖さが分かっていないようだ。


また、パナホームは「エコナビ搭載換気システム」で、省エネで快適な居住環境を創出するという。これにも同じ危惧が付きまとう。「エコナビ」を搭載したからといって何の解決にもなるまい。

住む人の健康に直結する「換気」を、スマートハウスの延長線上で扱うのは大間違いだ。


そこにいくと、「センターダクト換気」は、実に合理的であり正直なシステムである。

住宅展示場と、「いい家」をつくる会会員の「住み心地体感ハウス」で、じっくりと比較検討していただきたい。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年