マツミハウジングは東京・神奈川・埼玉で
住み心地のいい家 「涼温な家」を建てています。 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

人生の充実度

投稿日:2013年5月4日

今日は午後からずっと書斎で過ごしていた。

カメラの位置のソファーに座り、音楽三昧にひたった。

バング&オルフセン(B&O)のCDプレーヤーの魅力は、6枚のCDが見える形でスタンバイしているところにある。

デンマーク製のこのオーディオについて、ウィキペディアの説明を一部引用したい。

<B&O社は、デンマーク北西部のストルーアで、ピーター・バング(1900年~1957年)と彼の学生時代の友人 スヴェン・オルフセン(1897年~1949年)と共同で設立、1925に創業した。

バング&オルフセンの製品の最大の特長は、デザインが非常に優れていることである。先進的な機能および操作性と融合したそのデザインは、オーディオにおけるインダストリアル・デザインの代表的存在として高く評価されており、(中略)製品の音質や画質も非常に優れている。

特にスピーカーの分野においては、独自の特許技術を駆使したD級アンプを内蔵、低音アダプ業界最高峰の音響性能を誇る。>


それぞれのCDは、出番が来るとステージに登場したスターのようにスポットライトを浴びる。そして、演奏者が深呼吸をするかのようにしばしの静寂を置く。この「間」がなんとも言えなくいいのだ。

次の瞬間から、「業界最高峰の音響性能」に脳が酔いしれることになる。

声域が3オクターヴのさらに上のF6に及ぶというサラ・ブライトマンの歌声。スモーキーボイスとも言われたジュリー・ロンドンのハスキーな歌声。

パーシーフェイス楽団の艶やかな弦の響き。フリオイグレシアスの熟したマンゴのような歌声。バックに彩りを添えるパーカッションのセクシーな響き。

今日の極めつけは、オランダを代表するジャズピアニスト、マーク・ヴァン・ローンを中心としたヨーロピアン・ジャズ・トリオの演奏。アルバム「風のささやき」を聴きながら窓から 見える木々の葉のゆらめきにうっとりする。

「幸せだなー」と、心底から思う。


茂木健一郎さんは、「すべては音楽から生まれる」(PHP新書)に書いている。

「音楽から得られる喜びは、生物としての基本的、本能的な喜びの回路と共通している」とし、さらに、「私たちは、音楽の前で、自らの人生の充実度を試される存在なのだ」と。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年