涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

ウマが合う

投稿日:2013年10月15日

台風26号、関東地方直撃の恐れがあるとのことで、今日は朝から工事部は現場を守るために、大工さん職人さんたちと連携しながら駆け回っていた。

写真は、10日に上棟したばかりの町田市S邸である。棟梁の郷さん兄弟の台風対策は徹底している。

ここまでやれるのは、「住む人の幸せを心から願う」というマツミの信条に徹しているからであろう。いや、人柄なのだと思う。自分の現場をとことん大事に扱わなければ気が済まないのだ。郷さんという人は、そういう人だ。だから、私とはウマが合う。

ウマが合うと言えば、私は大工さんたち全員とそうなのだ。だから、現場へ行くのが楽しみでならない。いずれにしても、ありがたい

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年

▲ページの先頭へ