マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

二通のお手紙

投稿日:2018年9月12日

堀文子画文集「トスカーナの花野」の表紙より

私は、堀さんの画と文とお人柄が大好き。「群れない、慣れない、頼らない」という生き方、行動力に感動を覚える。


涼しさがやってきた。風邪を引かないように、夏用のパジャマはしまって厚手のものに替えた方がいいとラジオが言っていた。

「涼温な家」は、気候の変化の影響が少ないので、そのような心配はない。私は1年を通して夏用のパジャマを着ている。「暑い」のは嫌だが、「厚い」のも嫌なのだ。掛け布団も真冬になるまでは夏用を使っている。


今日は、二通のお手紙を紹介したい。

お一人は大阪でこれから「涼温な家」を建てられる。もう一人の方は、東京でお引き渡しをさせていただいたばかり。


N様からのお手紙


今年は例年にない猛暑で厳しい暑さが続きましたが、いかがお過ごしでしょうか。私は、異常気象のせいか体に不調を訴えることが多く、早く「涼温な家」に住みたいと思う今日この頃です。

さて、二月に「勉強会」に寄せていただいた折には、遅くまで懇談をしていただきありがとうございました。また、四月には大阪で行われました「涼温な家セミナー」でもお目にかかれ嬉しく思いました。

その後、「大成」の中川社長さんと近藤さんが、自宅に土地を見に来てくださり、新しい家の計画案を立ててくださいました。初めて図面を手にしたときは、「私たちの家が建つんだ」という喜びでいっぱいでした。

それから何度も足を運んでいただき間取りを考えました。私たちの要望にとことんまで検討して下さり、本当に感謝しています。

また、三月と八月の二回、体感ハウスに宿泊して、空気の気持ち良よさや、温度差のない住み心地を実際に肌だ感じ取ることができました。

最近は大阪のショールームに水回りや床などの見学に行き理想の住まいに向けて夢をふくらませています。

そのころ、大阪府北部を震源とする地震や西日本豪雨があったり、命にかかわるような猛暑に、強い台風といった災害が立て続けに起こったり、改めて家を建てることに対して大切なことは何かを考えさせられました。

今まではデザインや設備にこだわって、いろいろ注文を付けていましたが、「安全なくして、安心なし。安心なくして、住み心地もなし」という松井さんのお言葉の大切さを痛感しました。

そのような家を「大成さん」なら建てていただけると信じ、すべてお任せしようと決めました。


久保田さんが松井さんと出会われたように、私も久保田さんに出会うべくして出会ったと思っています。一年前、〈さらに「いい家」を求めて。〉の本に出合っていなかったら「住む楽しみ」ということを知らず、別の人生を送ることになっていたでしょう。

本を読み終えた後、「久保田さんに会いたい」という思いにかき立てられ、横浜に胸はずませて伺いました。

その時、私に言ってくださった「女の人は、いざとなったらできるものです」というお言葉に励まされ、がんばっています。


〈新 改訂版さらに「いい家」を求めて。〉をかばんに入れていつも持ち歩き、ひまがあれば取り出して読んでいます。私にとって、勇気と夢を与えてもらえる魔法の本です。

この次、ペンをとる時には、家が建てられたことを報告できるようにしたいです。

これから先は、気温も平年並みに戻るようですがどうぞ、お身体ご自愛ください。

          

T様からのお手紙


家づくりに全く無知な私たちが、どうにかこうにかここまで辿りつけたのは、ひとえに設計士さんのお陰だと改めて感謝申し上げます。

どんな問題が起きても、いつも誠実に迅速に、私たちの立場になって考えて下さり、対処して下さいました。

毎回うるさい程の私からのメールでの問い合わせも、その都度、優しく丁寧に答えて下さいました。

一つ一つ不安が解消されて、前に進むことが出来ました。

本当に有り難かったです。

打ち合わせで設計士さんとお話しするのも楽しかったです。

どんなにスペックが良い住宅でも、「人」に不信感を抱いてしまうと、もう、一緒に家づくりは出来ません。

私たちは、信頼できる工務店さんと、信頼できる設計士さんと出会えて、家づくりが出来たのは本当に幸せだったと思っています。

このようなご縁を取り結んでくれた<「いい家」が欲しい。>に感謝です。

ありがとうございました。



  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

世界に誇れる、住み心地いちばんの家を目指して 海外視察旅行記

アーカイブ

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年