お知らせ

[ 1 ]

2014年7月26日

ナショナル、パナソニック 家庭用ヒートポンプ給湯機(エコキュート)無料点検・部品交換のお知らせ

日頃は、弊社製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

さて、ナショナル、パナソニック家庭用自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機(エコキュート)の一部機種におきまして、沸き上げ運転中に、屋外に設置されているヒートポンプユニット内の圧縮機がまれに塩分などによる腐食により破損し、ユニット本体が変形に至る場合があることが判明しました。

これまで発煙・発火や人的被害は発生しておりませんが、けがにつながる可能性もあることから事故を防止し、安心してお使いいただくため無料点検・部品交換を実施させていただきます。

対象は、2003年11月から2013年1月までに製造した199機種です。

おそれいりますが、貯湯ユニットの品番をご確認のうえ、対象品番をご使用のお客様には、下記のお客様ご連絡先までご連絡をお願い申し上げます。フリーダイヤルまたは、インターネットから受付させていただきます。
但し、ヒートポンプユニットの製造時期により対象外の場合もありますので、点検時に確認させていただきます。

なお、点検前も、引き続きご使用いただけますが、念のため、ヒートポンプユニットの作動中は近づかないでください。

ご愛用の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。
ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2014年7月25日

パナソニック株式会社
(旧社名:松下電器産業株式会社)



■マツミハウジング株式会社
フリーダイヤル 0120-04-1230
E-mail info@matsumi.com
TEL 042-467-4123 FAX 042-467-4125
定休日/毎週水曜日

▲ページの先頭へ

2014年2月16日

エアコン室外機と雪


雪に埋もれた室外機

 エアコン室外機の吸い込み口が、雪で目詰まりを起こすと内部のファンに雪が吸い込まれて付着した場合、空気が通らなくなるので、より多くの電気を使います。

 防雪フードや防雪ネットを活用しましよう。(ダイキン冬の暖房篇より)


 二度にわたる記録的な大雪により、写真のように室外機が雪に埋まっているお宅はございませんか?

 今一度、確認をお願いいたします。エアコンの運転が止まることや、故障の原因にもなりますのでお気を付けください。

■マツミハウジング株式会社
フリーダイヤル 0120-04-1230
E-mail info@matsumi.com
TEL 042-467-4123 FAX 042-467-4125
定休日/毎週水曜日

▲ページの先頭へ

2014年2月15日

大雪お見舞い申し上げます。

ただ今、弊社ではご高齢の方のお住まいを

最優先に除雪のご協力をしております。

お困りでしたら、ご遠慮なくお申し付けください。

なお、屋根からの落雪には十分ご注意ください。


■マツミハウジング株式会社
フリーダイヤル 0120-04-1230
E-mail info@matsumi.com
TEL 042-467-4123 FAX 042-467-4125

▲ページの先頭へ

2013年9月30日

中国の大気汚染 最悪レベルにご注意を!


スモッグでかすむ中国・北京


スモッグに覆われ視界が悪い北京市中心部


スモッグに覆われ視界が悪い北京市で、マスクを着け外出する人たち

 中国の北京市環境保護観測センターによると、同市周辺地域では29日、大気汚染が悪化し、呼吸器障害などを引き起こす微小粒子状物質「PM2.5」の1立方メートル当たりの平均濃度が250マイクログラムを超え、6段階の汚染指数で最悪レベルの「深刻な汚染」が観測されたとのことです。

 

 この北京のPM2.5は、10月3日から4日にかけて関東地方へ飛来すると言われています。http://taikiosen.jp/

 お出かけの際は、マスクをかけるなりご注意ください。

 


■マツミハウジング株式会社
フリーダイヤル 0120-04-1230
E-mail info@matsumi.com
TEL 042-467-4123 FAX 042-467-4125
定休日/毎週水曜日

▲ページの先頭へ

2013年3月18日

ソーラーサーキットの家にお住いのお客様へ



 換気のフィルター及び床下ダンパーについてのお知らせ


 連日、マスコミで花粉・黄砂・PM2.5に関する注意が報じられています。そこで、壁にある換気の吸入口に用いるフィルター及び床下ダンパーについてお知らせします。
 住友スリーエム社が発売している「フィルタレット・ハイグレード」(商品番号:ACFH−38)価格/1袋1000円前後」という製品は、花粉・黄砂・PM2.5も捕集できるとのことです。

 

 マスコミの報道では、PM2.5が安全基準値を超えた場合は換気を止めるようにと警告していますが、このフィルターを適切に用いるならば止めなくても心配ないと思われます。運転モードを「弱」にしての連続運転をお勧めします。

 

 取り付け手順は、左の写真説明のように黒いスポンジの外側に張り付けます。交換の目安は1ヶ月前後ですが、汚れに従い空気抵抗が増し、給気に支障を来しますので早めの交換を心掛けましょう。交換するときは、スポンジを水洗いしてください。

 ※給気口のサイズにもよりますが、1枚(38cm×90cm)から大が約21枚、小が約40枚裁断可能です。

 

 なお、「床下ダンパー」ですが、近年の大気汚染の状況から判断して、一年中閉じたままにし、夏はエアコンを適宜使用することをお勧めします。

 

■マツミハウジング株式会社
フリーダイヤル 0120-04-1230
E-mail info@matsumi.com
TEL 042-467-4123 FAX 042-467-4125
定休日/毎週水曜日

▲ページの先頭へ

2012年1月23日

緊急のお知らせ(首都直下型地震への対策について)

 今朝の読売新聞は一面で「マグニチュード7級の首都直下地震が今後4年以内に約70%の確率で発生するという試算を、東京大学地震研究所の研究チームがまとめた」と報じました。

 テレビ、パソコン、冷蔵庫、電子レンジなどの家電製品、家具、ピアノなどは水平に飛ばされると想定し、危険度を念入りに点検しましょう。壁に掛けてある額や時計なども同様です。

 家具店や家電販売店、スーパーなどで扱っている転倒防止抑制補助器具、落下防止フックのご利用をお勧めします。食器戸棚や収納扉には耐震ラッチを取付けましょう。

 実施方法などでお困りの場合には、お気軽にご相談ください。

 

 

【読売新聞記事】

 

首都直下地震 4年内70% 〜地震活発 切迫度増す〜

 

 マグニチュード(M7級の首都直下地震が今後4年以内に約70%の確率で発生するという試算を、東京大学地震研究所の研究チームがまとめた。東日本大震災によって首都圏で地震活動が活発になっている状況を踏まえて算出した。首都直下を含む南関東の地震の発生確率を「30年以内に70%程度」としている政府の地震調査研究推進本部の評価に比べ、切迫性の高い予測だ。

 昨年311日の東日本大震災をきっかけに、首都圏では地震活動が活発化。気象庁の観測によると12月までにM36の地震が平均で1日当たり1.48回発生しており、震災前の約5倍に上っている。

 同研究所の平田直教授らは、この地震活動に着目。マグニチュードが1上がるごとに、地震の発生頻度が10分の1になるという地震学の経験則を活用し、今後起こりうるM7の発生確率を計算した。

 首都圏では1923年の関東大震災(M8級)のほかに、茨城県南部から浦賀水道にかけてM7級の地震が約120年間に5回起きている。地震本部が公表している発生確率は、こうした過去の地震の発生間隔に基づき計算しており、東日本大震災後の地震活動の活発化は考慮していない。

 首都圏の地震活動の活発化は、東日本大震災によって地殻の動きが変化したためと考えられており、平田教授は「地震活動が活発な状態は数年から10年は続くと考えられる。その間にM7級の直下地震が起きる可能性は高い」と話している。

 

平成24123日 読売新聞(朝刊)

 

■マツミハウジング株式会社
フリーダイヤル 0120-04-1230
E-mail info@matsumi.com
TEL 042-467-4123 FAX 042-467-4125
定休日/毎週水曜日

▲ページの先頭へ

2011年5月27日

デンソーより遠赤外線ヒーターの回収についてお詫びとお知らせ

▲ページの先頭へ

2011年4月26日

〔シロアリ点検のお知らせ〕

 毎年お知らせしておりますが、年々シロアリの活動が活発化しておりますので、再度、シロアリの対策についてご案内させていただきます。
 関東地域に生息するヤマトシロアリは、これからの時期、暖かくなるに従って、徐々にその活動を活発化させます。建物周辺の木杭や、土に直接触れている木材などはシロアリの格好の餌場となる可能性が高いものです。
 また敷地内に問題はなくても、周辺の環境によってシロアリの被害を蒙る可能性はございます。ヤマトシロアリは4月末から5月初旬に大量の羽アリとなって土中より飛び出します。また、ヤマトシロアリよりも被害が大きくなると言われているイエシロアリについても6月頃に羽アリとなって土中より飛び出します。
 弊社では定期点検の際に、建物と周囲の被害状況をチェックしておりますが、ご心配な場合には出来るだけ早めに弊社までご連絡下さい。数日以内に点検を実施し、状況をご報告させていただきます。
 また、2004年4月以降の新築の建物には薬剤を使用しない物理的防蟻工法を標準施工していますが、既存住宅への物理的シロアリ対策工事も行っており、既に100軒以上のお客様がご採用されております。物理的防蟻工法の耐久性能はとても長く、家の寿命をはるかに上回るものであり、施工後のメンテナンスを必要としません。
 しかしながら、建物周囲を掘り返して施工を行うため、解体・復旧に伴う作業が発生し、工事費が高くなってしまうことが欠点です。そこで、数年前より薬剤を用いる三井化学アグロ蠕修痢悒▲献Д鵐寸咤叩戮虜陵僂鮖呂瓩泙靴拭これは、メーカーより5年間の保証が付くことと、現在市販されているシロアリ防除処理剤の中では最も安全で、その効果が高いとされている薬剤です。 
 費用は、物理的防蟻工法の4分の1程度でできますので、ぜひご検討ください。
 年を追うごとに、暖冬の傾向が強くなっており、より多くのシロアリの被害が予想されておりますので、なにとぞご理解いただき、いずれかのシロアリ対策工事をお選びくださいますよう、心からお願い申し上げます。

 
■マツミハウジング株式会社
フリーダイヤル 0120-04-1230
E-mail info@matsumi.com
TEL 042-467-4123 FAX 042-467-4125
定休日/毎週水曜日

▲ページの先頭へ

2011年3月10日

YKK APより防火設備(防火戸)に関するお知らせ


図 ‖仂歙宿覆慮分け方

社団法人 カーテンウォール・防火開口部協会が認定を取得している防火設備(防火戸)に関する国土交通省からの公表案件について

 

 弊社が2007年から販売しているアルミ樹脂複合構造の引き窓(製品名:「エピソード」引き窓のうちの住宅防火戸製品)について国土交通省からご指示のありました社団法人カーテンウォール・防火開口部協会(以下、カ防協)による調査が2011年3月1日に行われました。その結果に対し同省よりご指摘を受けた事実を厳粛に受け止めております。
 上記製品につきましては、カ防協に申請し適切な審査の結果ご承認いただいたと認識しており、承認を受けた仕様に基づき適切に生産・販売してきたため、当該製品についてこの度の指摘を受ける事態は全く想定しておりませんでした。
 今後、国土交通省のご指導のもと、カ防協と協議し、既設現場改修のご要望への対応、工事進行中物件の遅延の防止、代替え品の供給などについて、ご迷惑を最小限にすべく万全の体制で臨みます。
 この度は、弊社製品に関し、お客様や関係者をはじめ、多くの皆様にご心配とご迷惑をおかけすることとなりましたことを、お詫び申し上げます。

 対象製品名の詳細及びその見分け方は図,鬚柑仮箸ださいますよう、お願い申し上げます。

 関係者の皆様方におかれましては、何卒ご理解を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

               ( 2011年3月9日 YKK AP株式会社)

 

 

■マツミハウジング株式会社
フリーダイヤル 0120-04-1230
E-mail info@matsumi.com
TEL 042-467-4123 FAX 042-467-4125
定休日/毎週水曜日

▲ページの先頭へ

2011年3月10日

トステムより防火設備(防火戸)に関するお知らせ


図 社団法人カーテンウォール・防火開口部協会による認定取得から会員企業による製品供給に至るフロー


図◆‖仂歙宿米団螢侫蹇

社団法人 カーテンウォール・防火開口部協会が認定を取得している防火設備(防火戸)に関する国土交通省からの公表案件について

 

  平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

   この度は、弊社製品に関し、お客様や関係者をはじめ、多くの皆様にご心配とご迷惑をおかけすることとなりましたことを、まずはお詫び申し上げます。

   弊社では、先般、2011125日に行われた国土交通省によるサンプル調査の結果、2003年から弊社が販売しているアルミ樹脂複合構造製引き窓(製品名:シンフォニー引き窓のうちの住宅防火戸製品)について同省よりご指摘を受けた事実を厳粛に受け止めております。

   他方、上記の製品につきましては、弊社は、図,房┐梗蟒腓砲靴燭って、国土交通大臣認定を受けた仕様に基づき適切に生産・販売してきたものと認識しておりました。当該製品について上記の指摘を受ける事態は全く想定しておりませんでした。

   弊社といたしましては、今後、当局および上記の認定を保有する社団法人カーテンウォール・防火開口部協会などの関係機関と緊密に連携を図りつつ、既設現場の改修のご要請への対応、建設途上の現場の工事遅滞防止及び代替品の供給などについて万全の対応を図ることにより、お客様にご迷惑をかけることのないよう、最大限の努力を行ってまいります。また、このような指摘を受けるに至った原因の究明及び改善策について、真摯に検討してまいります。

   なお、弊社では上記該当製品を原因とする被害事例は聞き及んでおりません。

 対象製品の特定は、図△鬚柑仮箸ださいますよう、お願い申し上げます。

   関係者の皆様方におかれましては、何卒ご理解を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。 

                                          以上                                          

               (2011年1月28日 トステム株式会社)  

 

■マツミハウジング株式会社
フリーダイヤル 0120-04-1230
E-mail info@matsumi.com
TEL 042-467-4123 FAX 042-467-4125
定休日/毎週水曜日

▲ページの先頭へ