布団が1枚で充分!以前の家と格段の違いです。

次のご家族へボタン

外観H様邸将来同居を考えた地下室のある住まい。

Q1お住まいになられて1年程ですが住み心地はいかがですか?

正直なところ、最近の他の家と住み比べようがないので正確なお話は難しいですけれど、私達はこれがベストだと思っていますよ。以前、悩まされた冬の寒さや結露もありませんし。 まあ、以前の家と比べると格段の違いです。

着る物や、特に布団が変わりましたね。私は中厚の布団、妻は薄い羽毛布団一枚。厚い毛布や一番上の羽毛布団が全然いらない。使わなくなっちゃった。

息子達の布団も違うよなぁ。

収納がいっぱいで気に入ってます。

Q3家づくりのきっかけは道路計画だったでしょうか?

きっかけはそうですね、道路計画が急に騒がしくなってきたので、まあ、私の年齢からしても動きが取れない年齢になってから引っ越しだなんだっていうのは嫌だったので。

10年後ぐらいにという話もあったんだけど、たまたま今の土地がタイミング良く買えたというのもあって。いつもの散歩道でマツミハウジングさんの現場があってね、最初は知らない工務店だなって思ってたんですよ。でっかい家だなとか。今時はガレージをビルトインなんとかっていうので家に造るんだなっていう感じで見てましたね。その頃はね、親友の勧めもあって他のハウスメーカーに関心があってね、それから立川のハウジングワールドでもうろうろしてた頃だね。

そんな時、妻がマツミさんの現場をどこかで見つけてきて、国立の南?あそこでもやってたわよって。その後インターネットで調べたら本が出てるっていうんで本を買ってきたんだよな。それでもまだ大手のハウスメーカー2社を検討してて。鉄骨系の家は外して、木造がいいっていうことぐらいは決めてたよね。

いつもこの部屋で過ごしてますね。

Q5工事の内容はいかがでしたか?

長い工事期間だったけど毎日見に来てましたね。僕も子供の頃にね、将来は大工さんになりたいと思ってたんですよ。だから好きなんですね。けれど工事してるからってどうこうなかったですよ。もうお任せしてるんだから。私が専門家ならね、あーだこーだ言っちゃったかもしんないけどね。

昔、僕も大工さんになりたくてね。

私は寝たら朝まで。地震があっても起きないですね。

Q2奥様はいかがですか?使い勝手など。

私は、あの大きなキッチンスペースが気に入ってます。以前の家と割と似てるんですけど、こっちの方が快適ですね、引き出しも多いし。

それからね、お風呂にカビが全然生えないの。換気の関係でですかね。お掃除も全然楽だし、前の家は本当に大変でしたから。浴槽や排水溝はね、こまめにやりますけど、壁をゴシゴシっていうのがないのでね。

あと、部屋がほこりっぽくなくなったわね、綿ぼこり系のゴミとか。換気が効率いいのと外からほこりが入りづらいんでしょうね。うちの家族は4人とも花粉症とかないのでそのあたりの効果は良く分かんないですけど、お掃除は全然しなくてもいいくらいですね、以前の家と比べると。

リビングつづきのウッドデッキです。

Q4マツミにしようと決められたのはどんなタイミングでしたか?

マツミさんのことを一生懸命いろいろ情報集めて検討しようかっていうのはずいぶん後なんですよ。本を読んだのも勉強会の後でしたね。前の家の裏に古家があってそれと自分達が住んでた家とをリフォームして有効活用しようかっていう案があったんですけど、リフォームにするか建て直すかっていうことを考えるのに、知り合いの方を呼んできてどうしたらいいか相談してたんですね。そしたら建て直した方がいいっていう事になって。

それじゃ大手ハウスメーカーに頼もうかっていう話をしてたら、その方が大手ハウスメーカーは止めたほうがいいよ。工務店さんに知った所ないの?って言われまして。あっ!そうだ!マツミさんがいる!っていう具合だったんですよ。勉強会も体感ハウスも印象良かったですし。その後、前の家を見てもらってプランの提案をずいぶん頂きましたよね。

Q6これから家づくりをされる方に何かアドバイス頂けますか?

この家は僕がしっかりと意向を伝えて建てて頂いた家ですし、依頼先も真剣に考えて選んだわけですから、もしも何かあったらしょうがないやっていう気持ちがありますけど、後悔しない家づくりした方がいいと思いますね。

それから、将来この家を次の世代の子供達が使う時に、自分達の使い易いように簡単に造り直せるとか、新しい時代の目で見た時にもいい家であれば、もうこれは本当に合格点の家だと言えますね。そういう家づくりをされたらいいですよね。

かなり気に入ったハウスメーカーがあった中、最終的にマツミハウジングを選んで頂きました。お客様の想いに精一杯お応えするよう家守りを続けてまいります。

取材協力どうもありがとうございました。

次のご家族へボタン

▲ページの先頭へ