SA-SHEの家

「マツミの家」の保証内容

「品確法」における瑕疵担保責任について

住宅は高価な買い物であり、大切な財産です。万が一欠陥があった場合には、消費者は多大な損害を受けることになります。そこで、消費者を保護する観点から、平成12年4月に「住宅の品質確保の促進等に関する法律」、いわゆる「品確法」が定められました。

「品確法」では、新築住宅の場合、住宅供給者に10年間の瑕疵担保責任を負うことを義務付けています。この法律に反して、期間を5年間に短縮するなど、消費者に不利となる契約を結んでも無効になります。 対象となる部分は、「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」とされています。「構造耐力上主要な部分」とは基礎・柱・はりなど、「雨水の浸入を防止する部分」は屋根、外壁などをいい、これらの部分に瑕疵が存在している場合には、法律により瑕疵担保責任を負わなければなりません。そしてこの場合、責任範囲は「瑕疵の存在する部分」だけではなく、「瑕疵によって不具合が発生した部分」に及ぶとされています。たとえば柱、梁などがたわんで、その結果として外壁などに亀裂を生じたような場合は、柱、梁の補修のほかに、外壁などの補修も行わなければなりません。ただし、外壁の亀裂でも、ヘアークラックなど構造耐力や雨水の浸入に影響がないものは、品確法の瑕疵担保責任の対象にはなりません。

住宅瑕疵担保責任保険とは

住宅瑕疵担保責任保険とは、新築住宅の住宅事業者等(建設業者・宅建業者等)が、住宅瑕疵担保責任保険法人との間で保険契約を締結し、その住宅に瑕疵が判明した場合、その補修費用等が保険金によりてん補される制度です。保険への加入にあたっては、住宅の工事中に検査(2回の検査)が行われます。

保険金は、住宅の構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に起因して、住宅の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合に、被保険者である住宅事業者が、住宅取得者に対して、10年間の瑕疵担保責任(無料で補修する義務)を負担することによって被る損害に対して支払われます。また、住宅事業者等が倒産していて補修が行えない場合等は、発注者や買主が住宅瑕疵担保責任保険法人に瑕疵の補修等にかかる費用(保険金)を直接請求することができます。
※契約約款により、免責事由に該当する場合等保険金をお支払いできない場合があります。

完成保証制度とは

住宅完成保証制度とは、業者倒産などにより工事が中断した場合に、発注者の負担を最小限に抑えるため、住宅保証機構が工事の中断や引継ぎに伴い発生する増嵩工事費用や前払い金の損失の一定の限度額の範囲内で保証金をお支払いするものです。

Aタイプ保証

住宅の未完成部分を代替履行業者(工事を引き継ぐ事業者)が工事した場合、足場の組み替えなどの手戻り工事費や、建設機械のリース再契約費などで、当初の予算をオーバーすることがあります。この工事の引継により増えてしまった費用(増嵩工事費用)を当初の請負担金額の20%を限度額として保証金をお支払いします。

Bタイプ保証

増嵩工事費用に(Aタイプ保証)に加え、前払金と出来高に差額が生じた場合の損害に対して、保証金をお支払いするものです。 ただし、前払い金の保証割合は、当初の請負担金額の20%を限度とします。

 

省令準耐火構造について

省令準耐火構造の「マツミの家」は火災保険・地震保険共に、保険料が割引きになります。

省令準耐火建物とは、住宅金融支援機構が定める基準の中で、「勤労者財産形成促進法施行令第36条第2項及び第3項の基準を定める省令(平成19年厚生労働省・国土交通省令第1号)第1条第1項第1号ロ(2)に規定する住宅又はその部分」としており、建築基準法で定める準耐火構造に準ずる耐火性能を持つ構造として、同省令で定めています。

  • 1)外壁及び軒裏が、建築基準法第2条第8号に規定する防火構造であること。
  • 2)屋根が建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第136条の2の2各号に揚げる技術的基準に適合するものであること。
  • 3)天井及び壁の室内に面する部分が、通常の火災時の加熱に15分間以上耐えられる性能を有するものであること。
  • 4)(1)から(3)までに定めるもののほか、住宅の各部分が、防火上支障のない構造であること。

火災に強い建物となり、また住宅金融支援機構のフラット35の融資の必須基準のひとつにもなっています。
 この省令準耐火建物のメリットとしては、火災保険料算定の基準となる区分として、T構造として扱われます。一般的な木造住宅がH構造として扱われますが、それと比べると保険料の割引料率の適用となり、火災保険・地震保険料共に、大幅な値引きが受けられます。(火災保険における省令準耐火構造の住宅の取り扱いについては、マツミハウジングまでお問い合わせください)

例)木造2階建て 40坪
    20年間の火災保険/地震保険/家財保険に加入。
建物評価額の例  2,500万円
保険料/ 約105万円(火災保険/地震保険/家財保険含む)
省令準耐火建物の場合
保険料/ 約51万円(火災保険/地震保険/家財保険含む)


*上記金額の算定はあくまでも一例ですので、
詳しくはマツミハウジングまでお問い合わせください。

 

法で決められた2倍の保証期間があります。(全11項目に及ぶ保証内容)

1 構造耐力上主要な部分の保証。
2 雨水の浸入を防止する部分の保証。
3 換気システムの保証。
4 シロアリの被害の保証。
5

窓ガラスの結露、カビ、ダニの発生、ゴキブリ、ねずみの侵入は

保証の対象ではありませんが、改善のための協力を約束します。

6

冷暖房装置、給湯器、キッチンセット(電子調理器を含む)及び
換気扇、ユニットバス及び換気扇、洗面台、
便器(ウォシュレットを含む)、床下収納庫、照明器具、門扉、
シャッター(ガレージ用を含む)、玄関ドア、サッシ、
網戸については、メーカー保証期間によるものとします。

窓、ドア、内部建具の開閉の不具合、床鳴りが著しい場合の保証。

外壁、屋根材に関するひび割れ、欠損、はがれ、

浮きが著しい場合の保証。

9

内装の下地材および仕上材のひび割れ、はがれ、浮き、

継ぎ目の隙間、変質、変色の著しいものについての保証。

10 内部結露が原因で構造躯体に被害をもたらした場合の保証。
11 電気配線、ガス、水道、排水管の施設に関わる不具合の保証。

※保証内容にはそれぞれ免責事項がありますので詳しくは

マツミハウジングまでお問い合わせください。

▲ページの先頭へ