マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

お客様の住み心地感想

東京多摩地区のお客様

家つくりは選択の連続でした。
私たちの思いを叶えてくれた「涼温な家」。

「涼温な家」が大好き。
この家の良さを多くの方々に
お伝えしたいです!

東京都 三鷹市/T様邸
2017年築
2階建(延床30坪)

家つくりを始めたきっかけを
教えてください。

【ご主人様】

以前の家に住んでから12年過ぎた頃、外壁の塗り替えの話がきました。とてもしつこい営業で、あちらもこちらも修繕しないといけないという話でした。それならばついでに室内のリフォームもしようと思い、それまで窮屈に感じていた廊下を少しでも広げられないかという相談を以前の家を建築した会社に相談したところ、ツーバイフォー工法で構造が造られているのでリフォームができないと言われてしまいました。それならば、私たちの満足のいく家に建て替えてしまおうという話になり、新しい家つくりが始まったのです。

まずは大手の住宅展示場を回りました。いくつものハウスメーカーを見ていくうちに妻が長野県の高気密高断熱住宅を知り、こんな家もあるのかと興味を持ちました。東京にも高断熱の家をつくれる会社があると知り、それでいろいろと調べていくうちにマツミハウジングさんにたどり着いたのです。

しっかりと打ち合わせを重ね、全てが私たちの満足いくものになっていきました。
雛人形を飾るために、リビングの続き間として造った和室

まずは、勉強会に参加してみました。会長さんの考え方が私の家つくりに対する考え方と同じだと共感しました。そして、家つくりを任せる会社の候補としてマツミハウジングさんを考えることにしました。

いくつかのハウスメーカーと打ち合わせを重ねていくなかで、私は家つくりに対する4つの疑問を持ちました。

一つは構造、そして換気と冷暖房、三つ目はシロアリ、最後はデザインです。

私の4つの疑問をそれぞれのハウスメーカーに問いかけしましたがどこも満足な解答は得られませんでした。そして、最後に残ったのがマツミハウジングさんだったのです。

でも、マツミハウジングさんであっても当初は私の求める4つ目のデザインについて解決されていませんでした(笑)。正直な話、提案された家の間取りには満足していましたが、外観や内装のデザインは私たちの好みとは少し離れていました。幸いにも規格住宅ではなく、注文住宅ですのでデザインや内装の仕様についてしっかりと打ち合わせを重ねていくなかで、私たちの思いをくみとって頂き、とても納得するものになっていきました。

【奥様】

私はマツミハウジングさんのことは、以前から新聞広告に出ている本の宣伝で知っていました。どこか他とは違う、家つくりに確固たる自信を持った会社さんであることは認識していました。

しかし、私たちにとって大切な家つくり。1社だけで検討するのには不安があったので、近所にある住宅展示場を回り、いくつものハウスメーカーさんともお話をしました。他メーカーさんでは全館空調で加湿もできるという提案をしてきたメーカーさんもありました。

ただ、主人の意見ですが、あれもこれも出来るとは逆にいうと不完全であるということです。主人も建築関係の人なので加湿の難しさ、メンテナンスの大変さを知っていました。

マツミハウジングさんはその点は正直で、涼温エアコンには加湿機能は付いておらず、加湿についてはお客様それぞれの判断で加湿器を部屋に置いていただくという選択をしていると説明してくれました。「涼温な家」に住む多くの方々が洗濯物を室内干ししていて、それが加湿器代わりになっているそうです。また、加湿器にも種類があり、気化式、蒸気式、そして両方の良さを組み合わせたハイブリッド式があるそうです。それらの説明も丁寧にしてくれました。

正直に言ってくれたことがかえって、私たちの疑問をすっきりと解決してくれることになりました。

1社だけで検討するには不安があったので、他社もたくさん検討しました。

【ご主人様】

数多くのハウスメーカーを見て回りました。私はセンターダクト方式の考え方が、住宅の換気と冷暖房の組み合わせとして、今あるシステムとしてはもっとも優れているシステムだと思います。

センターダクト方式の換気と冷暖房がもっとも優れたシステムだと思います。

この家にお住まいになられて
いかがですか?

【奥様】

とても満足しています。お家拝見ということで、たくさんの方々が来られました。私は「ここだけ」っていう見せ方が嫌なのです。なので、床下から小屋裏まで家の隅々まで見てもらいました。そんな場所まで丁寧に作られていて、そして、四季を通じて快適な空間になっていることにみなさん驚かれています。

いつでもお客さんを連れて来てください。私たちが住み心地を話してあげます!

【ご主人様】

来る方々にマツミハウジングさんのことを宣伝してるよ。

【奥様】

これから家つくりを検討される方々は、マツミハウジングさんの体感ハウスの見学も良いのですが、実際に住んで暮らしている人の家も見たら良いと思います。この家を是非とも見てもらいたいです。私は、この家が大好きで自慢したいのですよ(笑)。

こだわった点について教えてください。

【ご主人様】

家つくりに取り掛かっている最中に熊本の地震がありました。建築基準法に適した建物であっても2回の大きな地震にあってしまうと大きな被害を受けてしまうことを知りました。

マツミハウジングさんの提案する耐震TIP構法にさらに付け加えて制震ダンパーを入れてもらうことになりました。外断熱ならば、壁の中に断熱材がありませんから、どんな制震ダンパーでも無理なく入れることができます。工事中の現場を拝見しましたが、とても力強く、かつきれいに工事されている姿に安心いたしました。

建築基準法に適した建物だから地震の被害を受けない、という訳ではないのです。

【奥様】

私のこだわった点は、お庭が見えるリビングです。私は植木屋さんで仕事をしているのですよ。今は忙しくて自分の家のお庭つくりがまだできていませんが、そのうちに時間を取ってじっくりと庭造りをしたいと思っています。

窓を大きく取ってもらいました。このリビングから外の景色を眺めると落ち着きます。

前の家とほぼ同じ間取りにしています。使い勝手の悪かった場所を納得のいくように改善してもらいました。不満な点であった廊下や階段の幅を広くしてもらいました。

寝室は2階にありますが、すぐ隣に洗面室、浴室そしてトイレをレイアウトしています。年を取ると寝室の近くに水回りがあることがとても使いやすく便利です。

そして、些細なことなのですが、玄関に使いやすい大きなコート掛けスペースを造ってもらいました。これは前の家からのアイデアを踏襲しています。

扉がないのですよ。こうすると使いやすいですし、常に見えているのでいつもきれいにしておけます。

最後に一言お願いいたします。

【ご主人様】

この家はとても良いです。いつも快適だし、生活がしやすいです。夜も良く眠れますし、健康増進に役立ちます。

今年はもう5回もスキーに行きました。北海道や海外までも行きました。

この家で活力を充電してますから、仕事や趣味を思いっきり楽しめます。

【奥様】

大好きで自慢の我が家をたくさんの人に見てもらいたいです。私はマツミハウジングさんの良さを多くの方々にお伝えしたいのですよ。

この家で活力を充電!仕事や趣味を思いっきり楽しんでいます。

取材協力どうもありがとうございました。

マツミの家をぜひご体感ください。

住み心地体感ハウスの
お申し込みはこちら