お客様の住み心地感想

住み心地感想一覧を見る

  • 友人から勧められてたどり着いた「涼温な家」。 更新日:2017.01.06 友人から勧められて
    たどり着いた「涼温な家」。
  • ご近所の評判もいい!自慢の「涼温な家」です。 更新日:2016.10.21 ご近所の評判もいい!
    自慢の「涼温な家」です。
  • 私たちの家も住み心地感想に書いてあるとおりになりました。 更新日:2016.09.30 私たちの家も住み心地感想に
    書いてあるとおりになりました。

勉強会のご案内

知って必ず得する家づくりのノウハウの数々。
「いい家三部作」の3人の著者が、
豊富な体験をもとに
大胆率直に語る家づくりの真実。
住宅展示場では、
絶対に聞くことが出来ません。

勉強会の詳しい日程を見る


住み心地体感ハウスのご案内

涼温な家
「涼温な家」の心地よさをぜひ一度ご体感ください。

住み心地体感ハウス 住み心地体感ハウス

住み心地体感ハウスを見る


松井修三の
思ったこと、感じたこと

床下エアコン
(2017年1月18日)
床下にエアコンを設置して暖房を図る試みが一部で注目されているが、私は20年以上前に取り組んだことがある。 熱風を床下全体に送るために送風機を設置したり、いろいろと工夫してみたが、暖かさ不足、温度むら、乾燥、管理、メンテナンスなどの問題が多すぎて2シー...
新年会
(2017年1月13日)
吉祥寺・第一ホテルでマツミハウジングの新年会が開かれた。 大工・職人・業者さんたち110名が参加した。 社長が、「涼温な家」の実績、お客様からの評価、そして今年の展望について語った後で、私は、こんな挨拶をした。 いま会長と紹介されましたが、正...
家づくり、何が大事なのか?
(2017年1月8日)
(上がエアコン、下が第一種全熱交換型換気、並行して右が外気浄化装置。この真下に寝室があるが、運転音はまったく気にならない) 部屋の中ではなく小屋裏に設置する1台のエアコンで、家中を暖かくするには三つの条件がある。 一つは、そこそこの断熱性能であ...
あたたかなまなざし
(2017年1月6日)
仕事始めの昨日、78歳の誕生日を祝ってもらった。 社員ひとりひとりが、あたたかなまなざしを向けてくれた。 こんな心地よい瞬間を、もう10回は受けてみたいものだ。 「涼温な家」第5刷が今月20日頃に発売となる。 帯のキャッチコピーは、「部屋の...
「期待という約束」
(2016年12月30日)
  (自宅から眺める富士山) 毎年恒例の大工さんとの忘年会 私はこんな挨拶をした。 今年も本当によく働いてくれた。 心から感謝しています。 毎日のように、「本当に住み心地のいい家だ」と、お客様から感謝と満足の声が寄せられている。 最...

社長松井祐三のツイッター

社長松井祐三のツイッター


お知らせ

すべて見る

本の紹介

  • 「いい家」が欲しい。 新「いい家」が欲しい。著者 松井 修三第3刷発売!平成28年5月26日発行
  • 涼温な家 涼温な家著者 松井 修三第5刷平成29年1月18日発行
  • さらに「いい家」を求めて さらに
    「いい家」を求めて
    著者 久保田 紀子改訂5版 第2刷平成26年9月29日発行
  • だから「いい家」を建てる。 だから
    「いい家」を建てる。
    著者 松井 祐三第2刷平成28年5月16日発行
涼温な家
松井修三

ルームエアコンによる「冷暖の時代」は終わった。「いい家」が欲しい。の著者が薦める「涼温」・健康な家づくりとは?!太陽光発電・自然素材・風の抜ける家に住んで「太陽光 貯まった金は 医療費へ」となったのでは、何にもならない。それらよりも大切なことは、健康寿命を延ばすことだ。「涼温な家」は、脳を活性化し、健康維持・増進に役立つ。

さらに「いい家」を求めて
久保田紀子

想像できますか?
家中が こんなにも暖かく
こんなにも涼しいことを
「これっ、たった1台のエアコンですよ!」

冬。外気温が2度の朝。
私は薄いパジャマで洗面所に立つ。
半袖のシャツに着替えて、朝食の支度をする。
娘が短パンで二階から下りてくる。
息子も半袖だ。
この家には、冬が見当たらない。

続きを読む

仕事から帰って玄関を入ると、暖かさが優しくハグしてくれる。
疲れが全身から溶けていく。
空気が気持ちいい。
「ああ、いい家だなー」と、思わず深呼吸をする。

梅雨。今日も雨。
室内干しの洗濯物がもう乾いている。
この家で、カビの臭いを嗅いだことがない。
いつも空気はさわやかだ。
この家には、梅雨という季節がない。

夏。外気温が30度、湿度85%の夜。
涼しさがさらさらと肌を撫でる。
この家には熱帯夜がない。
眠られない夜がない。
犬が舌でハアハアと体温調節をしない。
なんと幸せそうな寝顔なのだろう。
見つめているだけで癒される。
たった1台のエアコンが、冬を楽しみ、夏に癒される家にしてくれた。

だから「いい家」を建てる。
松井祐三

PM2.5をはじめ、黄砂などの越境大気汚染、カビや花粉、「環八雲」の原因となる排ガス、続発する異常気象などを考えると、これからの家に求められるのは、シェルターとしての機能である。となれば、セントラルな第一種全熱交換型換気は必須だ。逆転の発想による「涼温換気」に、1台のCDエアコンを組み合わせる「涼温な家」は、換気及び全館空調の見直しを迫る。住み心地がいいのは、「涼温」なだけではなく、空気がきれいで気持ちいいからだ。しかも、省エネでエコな家なのである。

施工例ご紹介

マツミの得意とする家つくり

空気がきれいな「マツミの地下室」空気がきれいな
「マツミの地下室」

「マツミの地下室」は、従来の地下室にありがちな暗いイメージを払拭し、居住空間としての活用を可能とし、地上階以上の快適さを実現してます。特にご高齢の方々には、静かな上に空気がきれいで、住み心地がいいということで大変ご好評頂いております。限られた敷地を最大限に活かし、豊かで独創的な空間を「マツミの地下室」は実現いたします。

居住空間として
住み心地のいい地下室

地震に強い「マツミの家」地震に強い
「マツミの家」

地震大国日本において長く安心して暮らすためには想定以上の地震に対する強度を持つことが望ましいとマツミは考えます。
現在の建築基準法の基準である大地震の1.5倍の地震力に耐える強度で住宅性能表示制度の最高ランク耐震等級3の性能を持つ家つくりを「マツミの家」は標準仕様としています。

美しくて人にやさしい
国産材でつくる最強の家。

火災に強い「マツミの家」火災に強い
「マツミの家」

阪神淡路大震災や東日本大震災以降、住宅の耐震性を重視する傾向が強くなっていますが、地震同様に注意しなければいけないのが火災です。安心して暮らすためには火災にも強い家つくりが必要となります。「マツミの家」は防火・準防火地域にも対応する家つくりで万一の火災時にも大切な家族を守ります。

木造で最高ランクの
火災に強い家。

マツミの感動リフォームは専用サイトをご覧ください。

  • 涼温換気リフォーム
  • 完全外断熱リフォーム
  • 耐震診断+耐震リフォーム
  • 省エネ・エコリフォーム
  • バリアフリーリフォーム
  • 外装・内装・外構リフォーム

▲ページの先頭へ