マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

住み心地体感ハウスの
コンセプト

ようこそ、住み心地体感ハウスへ

  • 1階、吹き抜けのあるリビングルーム。
    床暖房ではないのに足元が暖かい。
    夏・冬とも1階と3階の温度差は、
    1~2度以内。
    ルームエアコンはどこにもない。
  • 2階にあるベッドルーム。
    吹き抜けの右側が
    3階のオーディオルーム。
    夜中に音楽を聴いても、
    街道の車の音と同様に気にならない。
  • 3階にあるオーディオルーム。
    思う存分B&Oを楽しむ部屋。
    窓から小金井カントリークラブを
    見渡せる。

「エアコンの風が嫌いな人へ」

3階建て60坪の広さの
「住み心地体感ハウス」は、
どの部屋にも
エアコンはありません。
個室、とくに寝室で
エアコンをつけたのでは、
温度・湿度・気流・音に
敏感な人は
ストレスを受け、
熟睡できないので、
いずれは健康を損なうことに
なるからです。

これからの住宅のテーマは、
断熱性能の向上と、
一次エネルギー消費量の削減です。
前者は住み心地に、
後者は「家の燃費」として
家計に影響を及ぼします。
ところが、
必要以上に断熱性能を高めると、
寒さの解消には役立ちますが、
暑さに悩まされるように
なることを知るべきです。

断熱性能を高めるということは、
熱を逃がさない、
つまり
家の「魔法瓶化」ですから、
生活の排熱や
窓からの熱がこもりやすく、
冷房しないことには暮らせません。
冷房の効きが
驚くばかりによくなります。
ということは、
冷え症の人でなくても
エアコンの風がストレスとなり、
冬の寒さ以上に
耐え難くなるはずです。

そこで、
「エアコンのいらない家」を
提案する本もあります。
自然の通風が一番だと。
しかし、
そんな夢物語が通用するのは、
ごく限られた地域の
限られた時間だけです。
花粉はどうしますか?湿気は?
土埃や騒音や排ガスは?
家の燃費が
安上がりになるとしても、
健康上問題です。

「住み心地体感ハウス」は、
あなたに語りかけてくるでしょう。
部屋の中でエアコンを使わないで、
どうして暖かく、涼しく、
爽やかになるのか。
床暖房がなぜ必要ないのか。
他の暖房方法との優劣。
冷房嫌いの人から
絶賛される涼しさ。
空気の気持ち良さ。
そして、
求めるべきは「通風」ではなく、
「換気」であること。
センターダクト換気(特許)と
「涼温エアコン」の
合理的な組み合わせなくして、
上質な住み心地は
得られないことについて。

心ゆくまで体感してみてください。
あなたの家づくりに対する考えは
一変することでしょう。

「誰も、
教えてくれなかった…」

住み心地を問わない建物は
まるで事務所か
倉庫のようなものである。
住み心地こそが、
住宅の一番の価値である。
間取りや設備や
インテリアやデザインが
どんなに気に入ったとしても、
住み心地が悪かったら
何にもならない。

<「いい家」が欲しい。>より
松井修三