社員紹介

設計士デザイナー 佐藤

理想の家を

お客様とともに

形にしていくことが

とても楽しいです。

designer

設計士デザイナー
佐藤 2006年入社

志望の動機

私がマツミハウジングを志望したきっかけはお客様と同じです。
〈「いい家」が欲しい。〉
を読んだからです。
住宅の設計をするにあたり「何を中心にするか」を考えました。耐震性、耐久性、快適性、デザイン性等様々な要素があります。もちろんどれも重要な要素です。
家は生活の中心の場であり、人生の大部分を過ごす場所です。
そう考えた時に「住み心地」を第一に考えている会社があることを知りました。
そして実際に建てた家を体感させて頂きました。こんな家造りに携りたいと思いました。

仕事の内容

これから家を建てることを検討されているお客様のご要望をお伺いして土地の調査から始まり、プランのご提案、
図面の作成からお引き渡し、お引き渡し後のサポートまでさせて頂きます。

日々の仕事の中で
あなたが気づき
改善されたこと

設計の仕事はお客様とのコミュニケーションはもちろんですが実際に家を造る現場の大工さん職人さんとのコミュニケーションも重要です。
最近はコミュニケーションの取り方も多様化し、ネットを活用して効率よく仕事の内容を伝えたり、意識を共有できるようなりました。

この仕事の魅力を
教えてください

お客様の望む理想の家を、お客様と共に形にしていくことはとても楽しいです。
もちろん大変なこともあります。
言うまでもありませんが家造りは人生の中で大きなイベントです。
家は住む人、土地、条件
により全て異なります。
制約の中でより満足して頂けるものをご提案できるか、出来上がった家に満足して頂けるか探求の日々です。
お引き渡しをして一年後にお伺いして住み心地の感想をお伺いするのですが、皆様 住み心地に大変満足して頂いております。
そんな素晴らしい住み心地の家造りに携わることができることが最大の魅力です。

将来の夢を
聞かせてください

現状に満足せずにさらなる住み心地を追求するマツミハウジングと共に最先端の家造りに携わり、早く自分の家を建てることです。

設計士デザイナー 杉田

自分の家族のために

「住み心地のいい家」

を建てることが夢です。

designer

設計士デザイナー
杉田 2014年入社

志望の動機

工業高校で3年間建築を学び、当初は高層ビルや公共施設の設計などに憧れがありましたが、実際の授業を通して、住宅の設計を仕事にしたいと思うようになりました。
そして、祖母が家を建て替えた際に、「担当の設計士が親身に話を聞いてくれ、狭小地ながらも要望をかなえてくれた。」と嬉しそうに話してくれた時に、自分もお客様の希望が詰まった家づくりをし、喜んでいただける設計士になりたいと強く感じました。
そんな時、マツミハウジングを紹介していただき、初めは本当に自分がこの仕事を務められるのかという不安もありましたが、会社見学の際にお会いした社員の皆さんの働く姿を目にし、ここで一緒に働き、お客様の笑顔をつくりたいと心を固めました。

仕事の内容

木造の注文住宅を専門とし、設計から施工、アフターケアまでを請け負っています。
私は、設計部の一員として先輩設計士方のアシスタントや、
申請業務などを主に行っています。
また、電話や体感ハウスのご案内でお客様からのお話を聞ける機会がたくさんあります。
些細なことでも、お客様が喜ばれること、お悩みになっていることなどを聞き漏らさぬようお伺いし、皆で共有する。
そんなお客様からの声や先輩の仕事を近くで感じ、業務をこなしながら、今後自身で設計をする際の力にできるよう日々勉強中です。

日々の仕事の中で
あなたが気づき
改善されたこと

指先確認の大切さです。
朝の出社時、お客様を迎える際、お見送りする際、メール・お手紙を出す際、いずれも少しの油断と慣れでお客様を不快にしてしまう。
一度感じた不快・不安は簡単に消えません。
お客様には、住まいだけではなく、些細なやり取りの中にも幸せを感じていただけるよう、何事も確認を怠らず、指先確認で確かめる。
その後大事さに気づき、改善がいつの間にか習慣になってきました。

この仕事の魅力を
教えてください

お客様の一生に一度の「家づくり」に深く関われること。
お客様の声をダイレクトに受け取れること。
それにより、一喜一憂することもありますが、家が存続する限り、お客様に寄り添えるとても素敵な仕事だと感じます。

将来の夢を
聞かせてください

もちろん、建築士の資格を取ること、お客様に喜ばれる家づくりをすることが目標です。
その上で、両親の家やこれからできる自分の家族のために「住み心地のいい家」を建てることが夢です。

現場監督 山口

お客様から

感謝の言葉を頂くと

涙が出るくらい

最高の気分になります。

supervision

現場監督
山口 2017年入社

志望の動機

私は、子供の頃から建築に関わる事をしたいという夢があり、高校卒業後建築の専門学校に通っていました。学校生活を送る中で、木造の住宅に興味を持ち、住宅とは住む人にとっての人生を大きく左右し、とても大切な決断でもあるとわかり、お客様が思うような家を形にしたいと思いました。マツミハウジングは住む人の幸せを想って家づくりをしているということに私はとても感銘を受けました。

仕事の内容

私は、新築木造住宅の現場監督をしています。設計図通りに住宅をつくるために、職人さんを指揮し、工程や安全を管理することが主な仕事です。マツミハウジングは木造の注文住宅を行っており、構造、断熱、換気をより工夫し、健康増進、お客様の住み心地を一番に考えて家づくりを行っています。また、水漏れや機械の故障、住宅の点検など、住宅のアフターメンテナンスも行っており、10年や20年のお客様を大切にしています。

日々の仕事の中で
あなたが気づき
改善されたこと

現場監督は工程もそうですが、足場や内部の落下部分等の現場の安全管理が一番大切と私は思います。先日、他社で投光器による火災があり、その投光器が現在現場で使われているものと同じものでした。私は危険だと判断し、全現場の照明をLED に変えることを提案。現在は全てLED に変更し、危険のない安全な現場管理を行なっています。

この仕事の魅力を
教えてください

工事が完了し、
家が出来上がった時は、
少し変ですが寂しい気持ちと感慨深いことがあります。
着工から引き渡しまでを管理し担当しているので約半年の工事が完了しお客様に引き渡す瞬間は感動があります。お客様が笑顔で「マツミさんに頼んで良かった」という言葉を頂く時は涙が出るくらいの最高の気分になります。とてもやりがいがあり、魅力だなと思います。

将来の夢を
聞かせてください

私は小さい頃にある番組がキッカケで建築(家)をつくりたいという単純な夢がありました。高校卒業後、建築の専門学校に通いたくさんの事を学び、家づくりに携われる事ができました。夢を1つ叶えられた私は学校生活を送る中で新たな夢ができました。家族を持ち、一級建築士になって、自分が設計した家を自分の手でつくり、生涯家族と住み幸せな生活を送りたいというのが今の一番の目標です。

現場監督 松本

家づくりを通して

お客様の暮らしの

向上にずっと

携わっていたい。

supervision

現場監督
松本 2010年入社

志望の動機

中学時代の頃から、リフォーム番組に興味があり見ていました。
工夫やアイデアで、お客様が喜んでくれる部屋へリフォームする。
考えていることが形になるのは、面白いと思い、建築業界へ進みました。
大学時代に、実家の建て替えを、マツミハウジングで行いました。
新築時の住宅だけでは無く、住んでいる方のお宅のメンテナンスも一緒に行っていると聞きました。
自分自身が新築で携わったお宅のその後も対応したい、見近な家づくりに携わりたいと考え始め、志望しました。

仕事の内容

引き渡し後の、アフターメンテナンスと定期点検の対応になります。
アフターメンテナンスでは、主に10年以上過ごされているお客様宅に訪問し、不具合がある箇所を確認し、交換や、修理の提案を行います。
定期点検では、外周りの蟻害の確認、屋根、外壁確認、内部は24時間換気の測定、設備機器の不具合確認、お客様から現在の住み心地などをお聞きします。

日々の仕事の中で
あなたが気づき
改善されたこと

目標に向かって各個人が点検やメンテナンスを対応していましたが、掲示されていませんでしたので工事部の全員で進捗を把握するため、個人の点検件数やメンテナンスの売り上げを数字でグラフ化し掲示するようにしました。

この仕事の魅力を
教えてください

新築で建てて終わりでは無く、新築で携わったお客様の家に訪問することが出来ます。
実際に住んでいるお客様宅に訪問すると、お客様の感想や率直な意見を聞くことができるため、
今後の家づくりに生かせることが出来ます。

将来の夢を
聞かせてください

今後、家庭を持ち、
子育てをするかと思います。
その経験があってこその、提案や、アイデアを新築、リフォーム、メンテナンス時に生かせるようにしたいと思います。
些細なことでも、1つ改善するだけで、とても喜ばれます。
お客様の生活の変化に合わせ、より良いものが提案できるように心掛けたいと思います。

大工 榎本

この会社であれば

社会に貢献できる!!

と思いました。

carpenter

大工
榎本 2012年入社

志望の動機

小さい頃から物つくりが好きでした。
建築も好きだったので、いつかは大工さんになりたいと思っていましたので、高校進学の際には、工業高校の建築科を志望しました。
そこで、地元の工務店であるマツミハウジングさんが定期的に新卒を採用していることを知りました。
会社見学会やインターンシップ制度もあり、何回かお伺いしているうちに、創業者である松井修三氏の「住まいとは幸せの器」という言葉が胸にしみました。
デザイン重視の家つくりが主流である近年で、住む人の幸せを願い、まずは地震や火事に強い家をつくらなければ住む人の幸せをつくれないという松井修三氏の強い信念に惹かれました。
この会社であれば大工さんとして社会に貢献できると思ったのです。

仕事の内容

木造注文住宅の大工です。
基礎工事が終わると、現場へ行き土台敷きから始めます。
最初の大きな仕事は上棟です。
もうすでに10棟近くの現場に携わりましたが、上棟はいつでも緊張します。
しかし仕事が終わった後の達成感は大きいです。
その後は耐震工事をしたり、
断熱工事をします。
断熱工事は他の建築会社ではなかなかやらない外断熱です。
外断熱は断熱、気密がしっかりとしていて、これもやりがいのある仕事です。
断熱で家全体を覆ってしまうと、冬でも工事中の家の中は暖かく、また、真夏でも2階が暑く感じられません。
私は外断熱が住宅、あるいは住む人にとって一番良い方法だと思っています。
そして、大工として最もやりがいのある仕事の一つが内部の造作工事です。
わかりやすく言うとフローリングを敷いたり、階段や造作棚を造ったりします。
すべて手つくりです。
構造や下地工事は建物が完成してしまうと隠れてしまいますが、造作部分は住む人の目や手に直接触れますので、造っている間は一時も手を抜けません。
緊張する仕事ですが、
本当にやりがいがあります。

日々の仕事の中で
あなたが気づき
改善されたこと

安全が第一です。現場は生き物だと言われます。日々変化していきます。
大勢の人が関わります。
なので基本を忘れずに安全第一で仕事をすることが大切です。
そして、ご近所の清掃活動にも仲間の若い大工さんと協力して行っています。
現場で仕事をしているとそれ自体が当たり前になってしまいますが、ご近所の方々にとっては少々迷惑なことのように感じられているのかもしれません。
できるだけご迷惑を掛けないように路上駐車はしません。
他の若い大工さんと車を乗り合わせて現場に行くようにしています。
そして、わずかなことですが、ご近所様の清掃活動を毎週金曜日に行っています。
最初は恥ずかしかったのですが、やり続けて行くとご近所様から声を掛けられることもありますし、
ご挨拶することもできるようになりました。
「いいお仕事をされていますね」と言われることが何より嬉しいです。

この仕事の魅力を
教えてください

自分のつくった家が形となって残って行くことです。
建築した当時、小さかった赤ちゃんが、来年に小学校へ上がると聞くと、自分のつくった家で大きくなったんだなと嬉しく思います。
「住まいとは幸せの器」その器を自分が造れて、そして、ご家族のみなさまが健康で幸せで過ごされ、お子さんが大きくなっていく姿を見れることがこの仕事の魅力です。
マツミハウジングは家を建ててお終いという会社ではありません。
建ててからが本当のお付き合いの始まりと社長の松井祐三氏はおっしゃっています。
私も建てた家のメンテナンスや追加工事で、お客様の家を訪問することが多々あります。
自分の造った家で、快適に幸せにご家族の方がすぐされているのを見れるのは嬉しいです。
「ありがとう」の一言がすごく嬉しいです。

将来の夢を
聞かせてください

私はまだ大工の弟子という立場です。
いつか独立して親方になりたいです。
そして私が経験した、大工という仕事を通じて感じた住む人の幸せを、もっと多くの大工を目指す若い人たちと共有していきたいです。
ITやハイテク化、あるいはグローバル化が進んだこの世の中で、地道にコツコツと一つ一つ手間をかけて物つくりし、お客様に感謝され、地域社会に貢献できる喜びを次の世代に伝えていきたいと思っています。

大工 川口

たくさんの

お弟子さんを持てる

大工の親方になるのが

自分の夢です。

carpenter

大工
川口 2017年入社

志望の動機

父親が大工です。
なので私も自然と大工さんになろうと思うようになりました。
工業高校の学生だったことから地元の工務店であるマツミハウジングのことは知っていました。私は建築の勉強をもっとしたかったので専門学校に進学することにしたのです。
高校時代の同級生がマツミハウジングに就職して、大工さんとして頑張っていることは知っていましたし、彼からはどのような会社であるかも聞いていました。
私もマツミハウジングで、地震や火事に強い構造、住む人が快適な外断熱、そして無垢の木や手造りの造作の内装が多い家づくりに携わりたいと思うようになりました。
お互いに友であり、ライバルである同級生の存在はありがたいです。
切磋琢磨し、腕を磨きあっています。

仕事の内容

大工さんとして仕事しています。
まだ見習いという立場なので
毎日が新鮮です。
日々少しずつですが新しいことに挑戦させてもらっています。
外断熱材を張ったり、
下地づくりをしています。
今の現場では階段掛けや造作棚づくりに挑戦させてもらいます。
いろいろと挑戦させてもらえるのがこの会社の強みだと思っています。
1日でも早く戦力になり、お客様のために仕事をする。
社長さんの考え方のおかげで、プレッシャーはありますが、毎日が楽しく、やりがいを感じています。

日々の仕事の中で
あなたが気づき
改善されたこと

会社が率先して
取り組んでいる環境整備です。
整理整頓をして働きやすい
現場をつくっています。
現場周辺の清掃活動を通じて、ご近所の方々から声を掛けられることが良くあります。
みなさん工事現場の人たちというと親しみにくい印象があると思いますが清掃活動や挨拶をすることで
親しみやすい現場環境をつくっています。

この仕事の魅力を
教えてください

誰かのために物を造るということです。
物とは家になりますが、自分たちが造った家でご家族が安全に健康で過ごされて歴史を造っていくことが、自分にとってこの仕事の大きな魅力です。
お客様から感謝される仕事をしたいと思っています。

将来の夢を
聞かせてください

いつかは自分で家を建てられるようになりたいです。
まずは父親が大工をしていますので、
両親のための家を自分の腕で
造ってみたいと思っています。
また、会社に入ってから数多くの先輩に優しくしてもらいながら、大工という仕事と社会人であることの責任を学びました。
自分も将来は若い人を育てていけるような人になりたいです。
たくさんのお弟子さんを持てる大工の親方になるのが自分の夢です。

▲ページの先頭へ