マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

基本姿勢

信条

1972年5月、マツミハウジングは信条に基づく家造りをすべく創業されました。

創業者である松井修三は、三省堂書店から<「いい家」が欲しい。>を出版し、2000年1月28日、朝日新聞の「天声人語」に「外断熱」 しかやらない工務店主として取り上げられました。

「マツミの家」は、年々進化を続けていて2012年には「涼温換気(特許)」を装備した「涼温な家」となり、健康増進に役立つ素晴らしい住み心地の家として好評をいただいています。

住む人の健康は、室内空気質によって大きな影響を受けます。

「長期優良住宅」と認定され、省エネルギーで地球環境にやさしいとされる住宅であっても、きれいな空気を保証されない家はたくさんあります。つまり、造り手が、機械換気が果たすべき役割と、メンテナンスの重要さを理解していないからです。

住み心地は、構造・断熱・換気・冷暖房の四つの要素によって大きく変わります。それらの中で「換気」は並外れて難しい分野であり、お客様の関心が薄く利益が取れないために、住宅業界では「法律にさえ適合していればいい」という「御都合主義」が大勢を占めています。ということは、住み心地が低質で、住む人の健康をなおざりにした家を造っているということです。

マツミハウジングは、家づくりの一番大切な価値は住み心地であるという信念のもとに、第一種セントラル式全熱交換型換気装置を用いて構成する「センターダクト換気 Center Duct Healthy Eco-Ventilation(CD-HEV)」を開発しました。

これまで宿命的とされてきた第一種換気の問題点、すなわちダクト内汚染、メンテナンスの厄介さに対する心配を見事に解決したのです。

2008年より、CD-HEVにダクト用エアコンを組み合わせた「涼温換気システム」をお勧めしています。

実際に住んでいる人たちから、生活臭だけでなく、加齢や介護、ペットが発する臭いの悩みが気にならなくなり、暖かさ、涼しさ、さわやかさが向上し、健康増進に役立つとたいへん好評をいただいています。

その空気の気持ち良さとメンテナンスのしやすさを、東京と横浜にある「住み心地体感ハウス」で体感することができます。

拙著<だから「いい家」を建てる。>(大和書房)は、住む人の幸せを心から願い、「正直」という工法で建てるのであれば、新換気システムが必須のものであることを知っていただくための本です。ぜひ、ご一読ください。

代表取締役社長

代表取締役社長 松井 祐三
創業者 松井 修三