マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

お客様の住み心地感想

東京23区のお客様

後悔しない家づくりを求めて
マツミさんにたどりつきました。

コンクリート住宅には
二度と住みたくない!!
願いが叶った
木造住宅、「涼温な家」。

東京都 新宿区/O様邸
平成25年築
2階建(延床33坪)

住み心地はいかがですか?

夏は涼しくて快適です。外の猛暑とは無縁な住み心地です。

空気もきれいと実感できます。

夏の涼温エアコンの電気代 がとても安いのには驚きました。

いろいろ試したくて今年の冬は超節電運転で試してみました(笑)。

今年の冬はとても寒い日がありましたね。その時はちょっと寒く感じはしましたが、それでも快適でしたよ。

無理な節電をしなくてもエアコン代は安いので、次の冬はマツミハウジングさんのお勧めする運転モードで試してみます(笑)。

この家に住めば健康になれますね!
マツミハウジング 松井修三のブログより
2013年1月31日(土)
「家の中も外も同じ温度の家」

上棟の挨拶で、Oさんは次のように話された。

「今日の上棟を見ていまして、マツミハウジングさんにお願いして間違いはなかったと思いました。

斜め45度に張られたヒノキの板は、実際に眺めると思っていた以上に美しいですね。私が子供の頃から40年以上住んでいたのは、壁の厚みが30センチもあるようなコンクリート住宅で、なぜか窓は木枠でした。窓周りから侵入する隙間風と、コンクリートの冷えが重なって、思い出すだけでもぞっとするようなたいへん寒い家でした。ですから、私は成人してからもコートって着たことがなかったのですよ。家の中も外も気温が同じだから、寒さに強い体になったのだと思います。

住み心地をいちばんの価値として、健康にいい家づくりをしている。なんてすばらしいことでしょう!

その家を造ってくれたのは親戚が紹介してくれた業者でした。後でわかったのですが、その業者は土建業が専門で、住宅を建てたのは初めてのことだったそうです。

今回、家を建て替えようと決心したら話を聞きつけた知り合いがやってきて、有名なHハウスの下請け業者を知っていて、自分が紹介すれば「ベンツ1台分、負けさせることができる」と持ちかけてきたのです。

言われて私は驚きました。それだけ負けてもまだ利益を出せる大手ハウスメーカーというものが気味悪く思えたので、きっぱりと断りました。そんな家に住んだら、きっと後悔することになると思いました。


そんなときに、<「いい家」が欲しい。>を読んだのです。読み終わって、この工務店に任せようと半分は気持ちが固まりました。勉強会に参加して、会長、社長のお人柄に接して、絶対にマツミにお願いしようという気持ちになったのです。

住み心地をいちばんの価値として、健康にいい家づくりをしている。なんてすばらしいことでしょう。木造軸組の家って、見ているだけで身も心も温まりますね。こういうつくりの家に住めたら健康になると実感します。

取材協力どうもありがとうございました。

マツミの家をぜひご体感ください。

住み心地体感ハウスの
お申し込みはこちら