マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

お客様の住み心地感想

神奈川のお客様

家族みんなが笑って暮らせる
「涼温な家」が出来ました!

きっかけは
友人宅の住み心地。
我が家も叶った
2世帯の「涼温な家」。

神奈川県 大和市/E様邸
平成27年築
2階建(延床58坪)

家つくりのきっかけを教えてください。

【お父様】

そろそろ息子夫婦と一緒に住もうかと思っていたところ、女房がスポーツジムの友人からマツミハウジングさんを紹介されたことがきっかけです。

以前の家は、2世帯で一緒に住むには狭いので、そこで思い切って建て替えることにしたのです。

他のハウスメーカーに行くこともなく、最初からマツミハウジングと決めていました。

住宅展示場へも行かなかったのですよ。

他のハウスメーカーに行くこともなく、最初からマツミハウジングと決めていました。

マツミハウジングをどのように
お知りになりましたか?

【お母様】

3年ほど前から通い出したスポーツジムで、ふと知り合ったSさんにお茶に招かれてご自宅にお邪魔したのですが、これまでに経験したことのない快適さに驚かされました。暖かいし、空気は気持ちいいし。

聞いてみますと、<「いい家」が欲しい。>という本のマツミハウジングさんに建ててもらったと聞いてこれまた驚きました。

というのは、私は10年ほど前にこの本を読んだことがあって、建てるならこういう家にしたいと思っていたからです。それから梅雨時と暑い盛りにもお邪魔したのですが、その度になんて気持ちのいい家なのだろうと感心させられ、主人と息子を説得していました。Sさんの家から帰ってくるたびに、私が興奮気味にその快適さを語るものですから、二人とも重い腰を上げてくれたのでしょうね。

勉強会に、主人と息子夫婦に参加してもらい、みんなの意見が一致して契約にたどり着きました。私の願いを理解してくれた主人と息子とお嫁さんに心から感謝しています。

お友達の家も2世帯住宅だったので、いろいろと参考に間取りのお話も聞いていました。

「どんなことがあっても玄関は2つあった方がいいよ」と言われていました。最初は玄関が2つなんて無駄が多いと思っていたのですが、忠告どおりにしておいて正解でした。親子といっても生活の時間が違いますから、玄関が別だとお互いのプライバシーが保てて良いと思います。室内にあるドア1枚開ければ往き来できますから、程よい距離感で良かったと思います。

家つくりをする上で
優先されたことを教えてください。

【お父様】

結露がないということが一番です。

断熱や換気がしっかりしている家が一番良いと思っていました。

そして2世帯住宅なので、親子仲良く暮らしていける家を望んでいました。しかし親子と言っても生活の時間が違いますし、近くてもお互いのプライバシーが保てた方が良いと思いまして、2世帯住宅にするのなら、玄関は絶対に別々が良いと思っていたのです。

私たちはそのことを「嫌味でない距離」と呼んでいます(笑)。

担当の設計士さんは2世帯住宅の経験が多くある方でしたから、基本的な設計プランはわずか2回目の打ち合わせで決まってしまいました。

【息子様】

玄関が別というのは良かったです。妻はとてもよくやっていますが、毎日のように私の両親と顔を合わせていたのでは気疲れしてしまうでしょう。妻の両親や友人が遊びに来ても気兼ねなく家の中に出入りできるので、お互いにとって良い設計と思います。「嫌味でない距離」って良いですよね。しかも室内のドア1枚で仕切られていますから、いつでも簡単に行き来できます。

工事中はいかがでしたか?
息子さんは屋根職人さんですよね。

【息子様】

自分自身で屋根工事をしました。私も日頃から職人という立場で建築現場に携わっています。

マツミハウジングさんの職人さんは、挨拶を始めとする礼儀正しさがしっかりと身についていると思いました。

それに、修行中の若い大工さんが朝早くから現場の前の道路を清掃していたのを見た時には感動しました。なので安心して工事を任せることができたのです。

本当に一生懸命建てていただいた甲斐があって、家に帰るのが本当に楽しくなりました。

職人の目から見てもマツミの職人さんのマナーと腕には感動でした。

友人の大工さんからは、「細かなところまでしっかりと腕を掛けているね」と褒められました。壁やカウンターなどの角が丸くしてあるのです。図面では気がつかないポイントです。傷がつきにくいし、見た目も柔らかくそして優しく感じます。

家の使い勝手はいかがですか?

【お母様】

とても良いです。キッチンを中心に水まわりを配置された間取りは使いやすいです。

そして回廊できる間取りは、ふだん仕事をしている主婦にとってはありがたい設計ですね。

お掃除はいかがですか?

【お母様】

ワイヤレス掃除機とクイックルワイパーでさっと簡単にしています。小さなホコリがないので掃除がしやすいです。

換気装置のフィルターの清掃は2階に住む息子にやってもらっています。「簡単でやりやすい」と言っています。

この辺りは高速道路や国道の幹線道路が近くにありますし、田畑もあります。人も多く住んでいるので大気の汚れをフィルターでしっかりときれいにしているのがわかります。目には見えませんが家の中はきれいな空気があるのです。

そういえば生活の臭いも気になりません。換気がしっかりとしているのですね。

フィルターに付いた真っ黒な汚れを見ると外気って思った以上に汚れているのだとわかりました。家の中にいる限りはきれいな空気を吸える安心感がとても良いと思っています。

本に書いてあるとおりの素晴らしい住み心地です。

【息子様】

2階では、もっと暖房のスイッチを入れる機会が少ないですよ。日当たりが良いですし。朝の時間に少しつけるだけで十分暖かさに満足しています。

それに着る物が変わりました。厚手の服などは家の中では必要がないですね。普段はTシャツの上にワイシャツを着ていますが、それで十分です。

夏も涼しくて快適です。日当たりが良いだけに、夏の暑さを気にしていましたが、実際に住んでみると真夏の炎天下の日中でも2階は涼しくて爽やかで快適でした。

一年を通じてマツミハウジングさんの「涼温な家」には大満足しています。

住み心地はいかがですか?

【お母様】

本当にとても良いです。本に書いてあるとおりの素晴らしい住み心地だと思っています。今年の夏は猛暑でしたが、仕事から帰って来て玄関ドアを開けると涼しいですし、冬は寒くても家の中は暖かくて快適です。

ふだん生活しているリビングだけではなく、キッチンや廊下、水まわり空間も温度差がないのがありがたいです。忙しい主婦にとって家の中が暑いとか寒いとか感じるようではストレスになります。それを感じないだけでも本当に家を建てて良かったと思っています。

実は涼温エアコンはそんなに使っていません。仕事から夜に帰ってきて、しばらくしてから、「あっ!?今日は寒いかね?」って話になってから涼温エアコンのスイッチを入れています。1階の私たちの部屋では、涼温エアコンを常に付け放しにすることはないですね。とても快適ですが、もうそれに慣れてしまって普通になってしまいました(笑)。

些細なことですが、寒いとお米を研ぐのが嫌ですよね。そのように感じていた頃が懐かしく思います。

涼温エアコンを常に付け放しにすることはないですね!

屋根は息子さんが工事されましたね。

【息子様】

はい。もちろん工事はマツミハウジングさんにお任せしても良かったのですが、自分が瓦職人として働いているので、自分の家をつくるときは、家族のために自分の腕で瓦を敷くことが夢でした。

そういうことでも融通を利かせてくれたマツミハウジングさんには感謝しています。

【息子様】

お正月には親戚のみんなが集まります。今年も20人くらい集まる予定です。

ちびっこたちは家中走り回って遊んでいます。小屋裏が一番のお気に入りみたいです。

それから納戸が良いですよ。いろいろなものをたくさん収納できます。もちろんカビなんか無縁です。小屋裏は収納スペースがたっぷりあって何でも収納できるので、そのぶん生活空間を広く使えます。

【お母様】

エアコンというと風や音を想像していましたが、「涼温な家」では風を感じることなくほんわかと暖かい居心地が気に入っています。来られるお友達の皆さんが同じように「暖かくて気持ちが良いね」と言ってくれます。つい長居してしまうそうですよ(笑)。

職人の目から見てもマツミの職人さんのマナーと腕には感動でした。

【お父様】

外から見ると大きな家に見えますが、2世帯住宅なので使える面積は半分になります。ですので、続き間になるような設計を考えてもらいました。それによって開放感があり広く感じることができます。

最初は広いと暖房費も掛かるし、寒くも感じると心配していましたが、実際に住んでみるとエアコンをそんなに使わなくても包まれるように暖かくて気持ちがいいです。

職人の目から見てもマツミの職人さんのマナーと腕には感動でした。

若奥様はお住まいになられて
いかがですか?

【若奥様】

はい。とても満足しています。そして、使いやすいです。育児をする主婦にとっては水まわりをまとめるように造られているのが本当に使いやすいです。ふだん、子供たちは自分の部屋を使わずにリビングで勉強して遊んでいます。

テーブルの脇に収納を作ってもらって正解でした。2人の子供用にそれぞれに棚があるのです。すぐに片付けられてとっても便利です。

【息子様】

以前はアパートで暮らしていました。一軒家は初めてですし、2世帯住宅も初めてです。でも、本当に建てて良かったです。

父は良き相談相手になってくれます。2階で夕食を食べたあと、1階へ行って父とお酒を飲むこともあります。

「本当に嫌味ではない距離感だよね」

毎日、楽しく快適に、そして幸せに暮らしています。

育児をする主婦にとっては本当に使いやすくとても満足しています。

取材協力どうもありがとうございました。

マツミの家をぜひご体感ください。

住み心地体感ハウスの
お申し込みはこちら